575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

着膨れて思考鈍るや木偶の坊  すみ

2019-01-13 09:01:59 | Weblog

私は自転車かバイクで移動。そのため冬は厚着。
しかし厚着をすると動作が鈍くなります。
そして作者の指摘通り、思考もスローモーション。
下五の木偶の坊もコミカル、と殿様。

寒に入っての寒さ、冷たさ。身に沁みます。
何枚着ているのか?6枚でした。
去年より一枚多く重ね着をしています。
外出時はさらに一枚。合計7枚が歩いていることに。

昨日は豊田市の能楽堂で『竹生島』を見ました。
暖房が効いていて暑いくらいでした。
ついつい途中でこっくりと・・・すみませんね。
   
  なりふりもかまはずなりて着膨れて  高浜虚子

  着膨れてただおろおろと老いてゆく  田中湖葉

  着膨れてなんだかめんどりの気分  正木ゆう子

こんな句を読んでいると、すみさんの句も

  着膨れて木偶の坊にとなりにけり

と、すっきりさせても良いかも知れませんね。遅足


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 山形一泊の旅 ~ 北前船と... | トップ | 冬の時化髭面むさきコップ酒... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
駄句二つ。 (殿)
2019-01-14 08:15:12
「着膨れて 体重計の針 見えず」「着膨れて 雀も猫も 丸い朝」駄句ふたつ。どうしても「着膨れ」という語彙が「滑稽」から離れません。小粋で含蓄のある句は夢のまた夢。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事