山上俊夫・日本と世界あちこち

大阪・日本・世界をきままに横断、食べもの・教育・文化・政治・歴史をふらふら渡りあるく・・・

注目・福島区補欠選挙

2010年05月21日 23時49分58秒 | Weblog
 橋下知事が大阪市議会福島区補欠選挙にその威力をつかって、候補者を送り込んだことから、一躍注目の選挙となった。80%の支持率を誇る橋下さんだから、何もしなくても当選するのだろう。その威力にあやかりたい連中がつぎつぎと橋下の下にひれ伏している。
 ところが注目のポイントが変わってきたと思う。つまり80%の支持がそのまま通るともいえない状況のようだ
 橋下氏は、ワン大阪、市役所解体、公務員攻撃をいいつづければ、自動的に勝利!とふんでいたのだろうが、どうもそんな簡単なことではないようだ。だいたい、以前は府庁解体、大阪府解体を叫んでいたのに、いつのまにか大阪市役所解体、吸収合併、ワン大阪にすりかわった。
 公務員攻撃をやれば政治的活路が開かれるというのが、小泉「改革」以来、保守右翼政治家の常道となってきた。小泉と並ぶテクニックを駆使しているのが橋下という人物だ。
 福島区の選挙では、公務員・役人攻撃、区長公選、市役所解体、二重行政非効率を叫べば、拍手喝采とはなっていないようだ。橋下派に真正面からいどんで批判しているのが、共産党山田みのり候補だと『朝日』選挙報道が伝える。他の候補も橋下批判に及んでいるようだ。
 地下鉄民営化が市民の利益になるのか、二重行政だとして区民ホール・区民図書館・区民プールなど区民のための施設を廃止に追い込むことがなぜ区民の福祉になるのか。橋下改革なるものの姿が、いまやっと市民の目に見えるところに下りてきたようだ。市民の区民の利益なるはずがない。大阪市より大きい横浜市で、横浜市を解体しないと神奈川県の発展はないなどという議論があるのか。そんなばかなことはでていない。ところが大阪ではそれが脅迫的な形で、マスコミの支援のもとでやられているのだ。大阪府立大学と大阪市立大学があるのは不経済だ、統廃合すると叫んだら、何の見識も持たない府立大学学長らが、理系大学に特化縮小するという方向を打ち出した。神奈川県立大学と横浜市立大学があるのは無駄だという議論あるだろうか。もしそんなことを言う政治家があれば、その人物の文化度の低さを天下に示すだけでバカにされるのがおちだろう。ところが大阪では、そうでもない。橋下氏にひれ伏す人間があまりに多いから。媚を売る人間があまりに多いから。
 橋下政治に拍手を送る人が多い。80%の支持率にあらわれている。しかし教育関係者、福祉関係者には支持を送る人はほとんどいない。橋下改革でやっていることの中身を身近に知っているからだ。詳しく事情を知る者はがまんがならないという。文化行政に携わってきた人、協力してきた人達の怒りも、ただごとではない。当該の現場から遠くなればなるほど、批判意見はなくなり、賛同一色になる。
 ところが福島区では、橋下政治を大阪市に福島区に受け入れるかどうかの選択の選挙となった。とにかく金を削ればどんなことでもいいというところから、政治の、行政の存在意義を論じるところに下りてきたという感じだ。橋下氏は、都市間競争に打ち勝つということをよくいってきた。コンクリート政治家だと明言もした。二重行政だといいつのって行政サービスを削減して、そのお金を大企業の国際競争のためにつぎ込むというのが目的だろう。だが、政治とは、とくに地方の住民に近ければ近いほど住民の健康・安全・福祉というところにその意義がある。
 府政は住民の日々の生活との関係が見えにくい。ところが市町村となるとそうはいかない。福島区民は真剣に考え、議論しているのだろう。人口10万人内外の大阪の区は行政区域ととしては決して小さくない。そこにホールがあり、図書館があり、プールがあることが無駄なのか。地方の市町村ではもっと小さくてもこれらの施設があるのは当たり前だ。こんなささやかな行政サービスを無駄だと攻撃する人物をこれ以上美化してはいけない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『週間ポスト』の官房機密費... | トップ | 三國連太郎さんの生き方と社... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えりか)
2010-05-28 14:05:37
検索してたらたどり着きました。
コメントさせて頂きます。
私は個人的に橋下知事が好きで福島区の選挙も維新の会が勝てばいいなーと思っていました。
今大学生で最近20になり、選挙権も持ったので政治のこともわかるようになろうと思い、注目されていた維新の会や橋下知事について調べたりしていました。
政治家の人は橋下知事を批判する人も多いなぁと思ったのですが教育関係者の方もよく思っていない人が多いということを初めて知りました。
でも橋下知事が就任してから2009年には11年ぶりに一般会計当初予算案が黒字になったり、すごい成果を残していると思ったのですが…
そのような点は評価されないのでしょうか?
色々な意見があるのにメディアの影響が大きすぎることが怖いなーと思っているので、こんな意見もあるのだとすごく勉強になりました。
もっと私も勉強していきたいと思います!

長文駄文失礼致しました。
ありがとうございます (yamagami)
2010-05-30 10:44:28
 コメントありがとうございます。
 橋下知事をどう評価するか、意見の分かれる問題です。教育関係、福祉関係、文化関係者は橋下氏に批判的な人が多いのは事実です。この分野で集中的に予算が削られたからです。文化行政は壊滅状態です。私のブログはテクニックがないので項目分類してないので橋下改革と教育の関係を書いたものをすぐにみていただくことができないので残念です。今からでも分類整理して登録できればいいのですが。
 大田知事時代にも教育予算は削られてきたのですが、橋下知事になって一気に20%削られました。図書購入もへらす、進路関係の出張費(交通費)も回数をへらす、修学旅行で仕事として生徒と同じものを食べなければならないにもかかわらず食費は自腹。修学旅行に付き添いすると10000円も徴収される。宿泊行事に付き添えば付き添うほど損をする。えりかさんも、もしかしたら教員免許を取って講師をされるかもしれませんが、講師の少ない給料も20%ほど減らされました。これまでは夏休みも給料でていたのですが、授業がないと出さないということになり、生活ができないという悲鳴があがっています。せいぜい年収100万円あまりの講師の生活は危機に瀕しています。生活保護を受けようかという話がかわされています。
 大阪府の莫大な借金は、バブル崩壊後の自民党を中心とする政党・歴代知事が大型土木建設事業を野放図につづけてきた結果です。私は借金で建設事業はしないと主張する候補者を支持してきたのですが、利権にむらがる勢力が多数を占めてきました。
 橋下知事の財政再建については、痛みを押し付けすぎなので反対です。30年くらいのスパンで軟着陸する財政再建策がいいとおもいます。教育・福祉にも配慮しつつ財政再建するという方向です。国の借金の大きさに比べれば、比率的には少なく再建可能です。
 いまの世論は、メディアに左右される傾向が大です。私がこのブログで橋下批判を書いたりすると、随分批判が寄せられます。橋下批判はタブーになりつつあります。テレビなどでは完全にタブーです。私は関西エリアの午後のワイドショーは見ないのですが、毎日橋下氏が登場しない日がないそうです。しかもすべてのコメンテーターがもちあげる。なにしろ80%の支持率です。持ち上げるのが先か、支持率が先かわかりませんが。鳩山首相をテレビがこきおろしているのと対照的です。支持率が下がるから安心してこき下ろす。
 橋下的な政治現象に対しては、私はある危機感をもっています。すなわち、ヒトラー現象と重ねてみる必要があるということです。ナチスの独裁は選挙を通じて成立しました。橋下氏にこびる、取り立ててもらおうとにじり寄る、屈服するなどの現象がいま府会議員を手始めに、市レベルにもじわじわ広がり始めています。
 えりかさんのコメントに触発されて、思いつくままつらつらと書いてしまいました。
安易なレッテル貼りはちょっと・・ (共産ではないリベラリスト)
2010-06-03 01:27:11
「ヒトラー現象」
小泉旋風の時もよく使われた言葉ですが、橋下知事が議会を閉鎖したり、反対派を収容所に送るとは思えません。

ナチスは「国家社会主義ドイツ労働者党」なので、名前の通り社会主義的統制経済です。ですので自由主義、小さい政府派の橋下知事はナチから遠いと思うのですが?

タカ派の発言をし熱狂されているという、それだけの印象からでしょうか?
もちろん (yamagami)
2010-06-04 02:28:37
 橋下知事をヒトラーだといっているのではありません。また今の日本にかつてのような事態が生じることはありません。
 私が注目しているのは、進行しつつある政治現象についてです。
 ナチスはご指摘の通り、国家社会主義ドイツ労働者党と名のっていました。でも社会主義ではありません。統制経済ではありますが。ナチスは社会主義や労働者という名称を掲げることで国民をだます手法に長けていたということで社会主義政党ではないと思います。逆に、ドイツの大資本家の支援をうけて成長していったのですから。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事