天地わたる手帖

ほがらかに、おおらかに

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

七五三の大國魂神社

2019-11-05 04:58:57 | 身辺雑記


青空に槻の葉そよぎ七五三
長男の娘が7歳、二男の赤子が6ヶ月。娘は時期がぴったりだが赤子の宮参りは遅れて一緒にしようということになった。

立看の墨書にほへり菊花展
大輪の菊に見惚れて冷えにけり
菊という花は工芸品だと思う。まるで無機質で命が希薄に思えてならぬ。乾いていて冷たい印象である。





門に立ち人を待ちをる秋思かな
小生は朝、柿採りをしたので皆と現地で落ち合った。世の中の人、特に都会人は朝の出足が鈍いこと。彼らと合流したのは10時半。この時刻、小生は活動を終えようとする時刻。句会でない場合は。

爽やかや新婦に翳す赤き傘
紅葉且つ散る白無垢の新婦かな
神前結婚式である。我輩も40年前、神社で式を挙げた。梅雨時で太鼓が湿っぽい音であった。この新婦さんは爽やかや錫杖の音と笛の音に導かれ行く。





白雲のゆつくり流れ七五三
この神社の上空は春も秋も雲がゆっくり流れる。もしかしたらそれがここの功徳かと仰ぐ。

暗がりに赤き実あまた秋惜しむ
なんの実か知らぬが門の横の絵馬の影に散在している。食えそうにない。

色満ちて屋台いろいろ秋日和
参道に出る屋台が祭も七五三も盛り上げる。それにしても安っぽい色が多いことよ。子供だましの色は浮かれる色である。



秋晴や子の暴れをる乳母車
七五三ゆえ子どもが大勢いる。無理やりベビーカーに括りつけられ悶え泣く子をみんな見て通る。七転八倒という感じ。

唾つけて子の髪正し七五三
もの凄く大柄の御婦人がいて目が青い。我が子らしき男の子の乱れた前髪にべたべた唾を塗って整えている。外聞の悪さを気にするといった日本人的性状のない彼女とはすぐ友達になれそうに思ったが、さすがに撮影はできなかった。

流星や桶に天水なみなみと
本殿のこの水の仕掛けは情緒がある。とっさに山小屋の水を思った。飲み水に雨を使うことがありそれを尊び「天水」と呼ぶ。



神殿のかたへ水湧き百千鳥
水道ではなく地下から出ている水であろう。神殿の裏は鬱蒼とした森で木漏れ日と鳥の声がすばらしい。

泣きわめく子のばた足や秋暑し
七五三の神社はどこかで子どもが泣いている。この子は将来水泳選手向きかと眺める。

神殿に来て眠る子や豊の秋
日中暑かった。本殿へ上がると涼しくすやすや寝ている子もいる。子どもはどこでも寝て育つ。神様も文句はいうまい。


コメント   この記事についてブログを書く
« 犬も歩けば胡桃に当たる | トップ | 佐藤愛子『晩鐘』 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事