はくはつフクロウの独り言

白髪混じりの薄髪。初老フクロウのひとりごと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「近代日本の画家たち」

2008年09月04日 | 美術

8月22日に発行された「別冊太陽」で副題は「日本画・洋画 美の競演」。
192ページで8章からなる。

各章のタイトルと紹介されている画家は以下の通り。
○西洋画への憧憬
 高橋由一 五姓田由松 百武兼行 原田直次郎 浅井忠
 田村宗立 川村清雄 小林永濯 小林清親 渡辺省亭
 竹内栖鳳
○理想を求めて
 狩野芳崖 橋本雅邦 横山大観 山本芳翠 黒田清輝
○ロマンと情緒
 青木繁 藤島武二 中村彝 村山槐多 関根正二
 今村紫紅 土田麦僊 植村松園 村上華岳 鏑木清方
 小茂田青樹
○南画と個性派
 富岡鉄斎 富田渓仙 小室翠雲 橋本関雪 平福百穂
 小野竹橋 小川芋銭 小杉放菴
○大正の写実主義
 岸田劉生 速水御舟 岡本春草 甲斐庄楠音 秦テルヲ
 小出楢重
○装飾表現の試み
 菱田春草 下村観山 前田青邨 川端龍子 福田平八郎
 梅原龍三郎

○反抗と前衛
 萬鉄五郎 長谷川利行 佐伯祐三 古賀春江 三岸好太郎
 北脇昇 長谷川三郎 靉光 松本竣介
○日本美を求めて
 安井曾太郎 岡田三郎助 坂本繁二郎 須田国太郎 小磯良平
 藤田嗣治 川合玉堂 小林古径 安田靫彦

  
以上65名が登場する。このうち知っている作家を太線で示したが39名、6割である。

本書の冒頭の解説に「日本近代を代表する画家たちだけを取り上げ、しかもその代表作のみを紹介する今回のような出版企画は以外に少ない」とある。

良い教科書になると思う。

ちなみに、表紙の絵は、高橋由一の「美人(花魁)」と狩野芳崖の「仁王捉鬼図」である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 傘かしげ | トップ | ♪黒いカバンを持ったなら »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (YuRi KuRosawa)
2008-09-23 16:01:47
ふくろうさん、お邪魔します。
村山槐多 関根正二 でこのブログに流れ着きました。
※2人とも好きな画家ですが、夭折だから有名じゃない・・かも。
萬鉄五郎も好きです。

どちらかというと、最近のモダンアートより近代日本絵画が好きなので、この本もチェックしてみようと思います~。
ありがとうございました(^^)!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美術」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事