戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

君子危うきに近寄らせず

2018-04-20 10:10:55 | 政治社会
財務省事務次官のように教養あり能力もある
人でも特にいセクハラに関しては異常心理の
輩も実在する。一度危ないと思ったら決して
一対一の交渉は本人はもとより、会社も複数
人での交渉に切り替えるべきだ。特別情報を
得られるかもしれないと下心をもって付き合
うべきでない。テープレコーダまで持ち込み
裏情報を企てるべきでない。これは企業が責
任を負うべきだ。人を信じればこんな行動は
取れない筈だ。パワハラはまた別の問題を含
む陰湿な企業や上司が意図的に行動した卑怯
な行動である。管理の上部団体の公開した断
故たる改革が一刻も早く改善が急がれる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 阿倍総理大臣最大の欠陥は人... | トップ | 北朝鮮の対米政策の方向を転... »

コメントを投稿