戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

政治力に於ける日本の現状

2018-06-23 19:30:14 | 政治社会
北朝鮮問題、国際政治を手玉に取る老練さ、
日本人の拉致の北朝鮮の考え方は、拉致そ
のものの根源は拉致さえた方にあるのでは
無く、過去の歴史の恨み辛みの仕返しが容
易に解決を難しくしている。
 日本がアメリカの核の傘のもと自国の安
全を組み込んだ替え式は大樹の陰の遠吠え
に等しく、更に詳細は老齢化、人口の減少、
愛国心の欠如、経済は格差を生み、データ
改竄等将来頼りにできる力が無い国に誰が
頭を垂れるか。森友学園、加計学園の国民
の不信手に取るように海外には情報として
流れる。核問題を片付けないと北朝鮮問題
は一引っくり返るか不明である。日本が
あくまで核に反対の実績がない今日残念な
がら非核化は安保理に委ねるべきだ。
 諸説あり混乱の極み、当面意見も述べ
つくされるまで静観したい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 獅子吼のオジサン宇宙軍を説く | トップ | 学童の災害防止対策は万全か »

コメントを投稿