戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

仕事の成果は働き方でなく愛情である

2018-01-27 11:20:20 | 政治社会
小企業では労使関係は存在しない。一日でも早く企業を
軌道にのせたい一心である。働き方に国が口を挿むのは
愛情の欠如である。発展期には長時間労働の必要もある。
途中で打切れない思考、操作の連続等必ず発生する。
この場合使用者も一体となり、側面から援助すべきであ
る。解決のヒントを見出してやるべきだ。やがてこの
愛情が、家族に、企業に、国家にまで良い結果を齎す。
もとより大きくなれば、株主配当も生ずるが、短期利益
の追及を調整するのは、平素の取締役員の力量である。
賃上げを国家側から叫ぶと上げられない事情が出来た時
どうする。働き手減少に今日、機械化には準備が着々と
進めるべきだが、今までの労働者の雇用を労使で大きな
眼で、愛情ある国家を築くべきで、経済学者の理論でな
い純日本式を押し進めるべきではないか。仕事は原則
長期まで継続できる態勢作りが大切だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 国税庁長官は適材適所 | トップ | ドラム式洗濯機の安全装置に... »

コメントを投稿