戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

北朝鮮と韓国の融和作戦の本心

2018-04-28 10:32:12 | 政治社会
核に対する北朝鮮の本心は保有する態勢が国益
に働く以上また韓国はアメリカから離れた朝鮮
独立に寄与する唯一のチャンスととらえた。
日本はどうか。アメリカの核の傘の許に庇護さ
れた、極端に核の被爆国に関わらずアメリカの
破れた傘を確認もできず、アメリカ一辺倒の政
策で北朝鮮と対抗する。北朝鮮は歯牙にもかけ
ぬ姿勢を見せ無視する態度と見た。日本はあく
まで拉致の返還が第一で、核は二番目である点
明確にして、これらの解決手段は拉致も核も同
一である。これらを鮮明にしない従来のままで
核爆発は一発で何十万の死傷者、拉致は高々数
百人と原爆の正当性を根底に持つアメリカが、
本気で拉致解決の口火が切れるか些か疑問であ
る。仮面をかぶった芝居は沢山だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 戦わずして破れるか | トップ | 変節の北朝鮮の渦中にある日本 »

コメントを投稿