戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

希望的観測に根拠を置く粉飾に満ちた数字合わせ

2018-04-08 14:51:42 | 政治社会
日米開戦で戦争回避を求める声は掻き消され
開戦が最も望ましいシナリオだと主張する陸
軍参謀本部、海軍軍令部の論拠は「希望的観
測に根拠を置く粉飾に満ちた数字合わせの所
産」であった。指導者が不都合な未来像を直
視できず基も最もリスクのを選択した。
 政治の現状を見るに、海外派遣の自衛隊の
日報の扱いの極めて意図的で無事故報告を期
待する上司を忖度する域を出ない危険極まり
無い話、また働き方規制の根拠に出鱈目なデ
ータを根拠として法案を提出する杜撰さ、民
間まで素材の検査データーの改ざん、無資格
者の最終検査で製品出荷いやはや末期的様相
出は無かろうか。政治が乱れている。北朝鮮
はここぞとばかり、日本無視の行動に出てい
る。長い歴史の中の怨念が信頼も尊敬も両者
とも失片やアメリカ第一主義で経済を根底か
らかき回され、米中の国家成立の根底からの
違いに特許等の無視政策の大国的要素を持つ
発展的途上国の争いは今後益々激化する。
責任を果たせないなら潔く責任を取るべきだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「オフィス北野」と女性禁制... | トップ | 国会の重要議題とは何か »

コメントを投稿