戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

国税庁長官は適材適所

2018-01-25 19:40:06 | 政治社会
内閣総理大臣がそんな資料は破棄したと答弁しろ。責任は
俺が持つと言ったとしたら、佐川国税庁長官は適材適所、
総理の手では更迭は困難だ。官僚が独断で国会答弁を行え
ば、更迭が成立する。何処に隠し保管していたか、場所と
管理責任者を追及すべきで、総理の御膝元を洗えば何時も
の適材適所の答弁に終わる。これで教育行政が務まるもの
だ。働き方改革どころか、目先を北朝鮮、韓国、とオリン
ピックに向かわせ、自衛隊の装備のみ買い集め、はたして
今の兵力で使いきれるか甚だ疑問である。これも適材適所
、資金が不足すれば日銀が後押ししてくれる日本、これで
大丈夫だろうか。いきなり愛国心とは言わせまい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生悩める現象の連続である | トップ | 仕事の成果は働き方でなく愛... »

コメントを投稿