戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

北朝鮮の対米政策の方向を転換した意図

2018-04-21 10:39:35 | 政治社会
軍需技術をアメリカと争うより国家百年の
計では、核技術はほぼ一定水準の足した今
今後の宇宙技術に重点を振り向けたい。ア
メリカとは対等の地位を確保し当面の課題
である燃料と食料に一応の目安をつけるべ
く韓国とアメリカの関係も縮小方向を取り
つける。尤も大きな動機は独自の核技術は
発射装置の可動式、燃料の注入技術の確立
がそのまま宇宙技術に応用できる確信がで
きたものと思う。まかり間違っても戦争に
はならないで済む。こんご中国とは密接な
関係になるが、ロシアとも友好関係の必要
があり、異質のアメリカ大統領の誕生で、
決断したものと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 君子危うきに近寄らせず | トップ | 戦わずして破れるか »

コメントを投稿