戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

国家の情報収集に対する緊迫感の欠如

2018-04-03 11:29:42 | 政治社会
南スーダンの PKO の自衛隊の日報問題、
それ以前のイラク覇権当時の日報も所在
不明が発見されたと聞く。日本の防衛の
第一線部隊の進退に関わる日報の保管ま
での不透明さは何故発生するか。
 世界の情勢の情報収集不足とその重要
性の認識不足に或る。アメリカのCIAの
ような膨大な組織でなく、また国の基幹
産業を軍需産業に求めるのでなく、世界
の兵器産業の趨勢、新技術の動向等当然
収拾し分類整理が確立していれば素早い
防衛が可能となる。兵器には攻撃用防御
ようの区別はない。使用する場所で分か
れるに過ぎない。
 日本の現状は国家ぐるみで画策してい
る感がある。文部行政、財務行政悉く国
民を愚弄する学園問題、前事務次官問題
裁量型労働問題、と外交問題と相殺した
い意向だ。誰のための政治、もっと重要
な国家の危機である。埒外に放り出され
ることのないよう情報には敏感であって
欲しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 北朝鮮の中国に擦寄り訪問の目的 | トップ | 指揮命令系統の確立こそ急務 »

コメントを投稿