戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

働き方改革とは物でない人間の問題である

2018-05-20 11:16:46 | 政治社会
国は何をしべきか。企業利益を優先して人間性
を失わせぬ対策である。企業とは会社経営者の
事である。肉体的、精神的過重な負担を従業員
に押し付けてはならい規制であり、この間の問
題の責任は一に経営者側に或る。主として発生
するのは特殊技術を保有する企業に発生する。
事故防止の第一歩は経営者に対する罰則である。
 実例で検証する必要がある。各種各様の場面
があるはずで、条文作成より先に検証結果を重
視し人間性を確立すべきである
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 五輪に阿つて外国人の狼藉を... | トップ | 国の重要産業に兵器産業があ... »

コメントを投稿