戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

勝負を争う興行で税金の恩典ある公益社団法人

2017-12-18 20:12:21 | 政治社会
相撲の内輪はどんな風なのか。部屋自体で親方だけで相撲
が維持できるのか。人気稼業で何人の相撲取りが養成出来
るのか。税金の恩典が無いと角界自体存続が出来ないし、
寄付頼みではまともな競技は生まれない。不正談合等は
派生しやすい。ならば一番先に手を付けるんは、審判の
正確さにある。談合を見破る技量こそ意義が或る。何度
取り直しを仕様が審判席、行司は実行すべきだ。これを
制度改革から手を染めても、力量が無ければ見せ掛けの
正義派に終わる。多年のしきたりまたそれで生きがいを
感じる御仁もおわす。早く切り替えることが相撲を維持
することとなる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 北朝鮮の攻撃を待つアメリカ | トップ | 角界騒動の締めくくり »

コメントを投稿