戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

「オフィス北野」と女性禁制の土俵の私考

2018-04-07 10:22:59 | 政治社会
オフィス北野は株式非上場の会社である。北野たけし
が太田プロダクションから独立した創業者出は無いの
か。もしそうなら創業者は絶対に尊重すべきだ。一番
心掛けることは、人事と金銭関係である。森現社長が
いかなる人物かしらないが、筆頭株主が森社長と言う
所に伏線がある。社長印鑑は法的にものを言う力が有
り、社長は北野たけしでなければ申告から登記まで、
社長の印鑑がものを言う事を肝に銘ずべきだ。

相撲の土俵には女性は禁制だと言う。もしそうなら、
相撲興行中の事故対策に医師を常駐すべきではないか。
数多くの観客を動員する興行に力士の負傷、発病など
と並行して今回の舞鶴市の医療関係の女性が素早く対
処、適切な処置だったが、欲を言えば患者を素早く囲
うまでの訓練が必要だ。女性禁制は時代の変化に応じ
なにを穢れと称するか、人皆女性から生まれてきたし
戦前は男女共学も少なく、性に対する風紀上の警戒心
が、男尊女卑の悪風習が、為せる業、どこからでも
始めたい問題である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 指揮命令系統の確立こそ急務 | トップ | 希望的観測に根拠を置く粉飾... »

コメントを投稿