戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

信頼など成立するのか外交の正否

2017-10-06 19:14:36 | 軍事と政治
外交上の信頼関係は果たして成立するものだろうか。韓国
を見ればNO と言わざるをえない。ではロシアはどうだろう
う。北方4島返還はどうだろう。同島の経済特区案はどか。
アメリカですら日本を友好国とは見ても、独立国とは認め
たくない。それでも外交は損得だけで動いている。普通の
人には耐えがたい苦痛である。典型的なのは慰安婦像であ
る。私が知る限り中国(当時は支那)韓国人の経営する慰
安婦は、戦地故軍の保護下に城壁内に生活して営業してい
たが移動しても同行はしなかった。軍が連れ歩いた者でな
い。移動しても同行はしなかった。広範囲にわたって存在
していた。勿論金銭勘定しての営業である。募集とか応募
という話は戦地では聞かれず、問題を起こしたこともない。
韓国人の外交は内政の眼を外に向かわせる狡猾なる政治で
ある。将来にわたって信頼出来ることは難しい民族である。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国家資格の交付の弱点 | トップ | 報道の偏見 »

コメントを投稿