戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

天災、人災を問わず発生時の政府の対応

2018-07-09 19:31:51 | 政治社会
現在進行中の会議、打ち合わせ中に突然現れる
緊急情報に対し、現政権ははたして適格に動作
しているだろうか。本来は議事を中断して情報
の収集すべきである。天災の場合気象情報、河
川情報、交通情報、通信情報等極めて精度の高
い情報が得られる筈だ。これをもとに情報網の
確立、情報把握のスピード、等の対策が最重要
である。救出より先に人命の無事故が第一で、
将来自衛隊の現地での救援も大事だが、情報で
事故を未然に防げたらこれにすぐるものはない。
先手先手と口先では言うが誰一人首相に進言が
出来なかった今回の本土を半分以上雨の大量な
降水と,捌ききれない山河、河川、50年100年
の一度の災害と逃げるべきではない。挑戦すべ
良き例がキューバにあると聞く。是非至急参照
されることを望む。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 二年後のオリンピックの天候... | トップ | アメリカは何故原爆破棄の音... »

コメントを投稿