戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

学童の災害防止対策は万全か

2018-06-24 11:30:18 | 政治社会
大阪地区の震災によるブロック塀の倒壊に因る
死亡事故は真に痛ましい。東北地震其の他での
ブロック塀倒壊はまだ風化する問題でない筈、
これからプールが始まるが、排水溝の網の問題
飛び込む場所の推進の問題、監視員の不備が懸
念される。ここでもまた事故が発生したら誰の
責任か。以前は屋上の明かり取り窓からの落下
等が指摘される。
 ブロック塀の工事業者の素人かと思わせる鉄
金の必要性の認識、これを指摘されて点検した
教育委員の認識不足、また学童の高音の騒音防
止に安易に高さを要求した事が事故を大きくし
た事は否めない。
 通学の交通安全、求められて久しいがが依然
後を絶たない。これが日本の政治と言えるのか。
拉致も重大な問題だが、国内政治で解決すべき
学童保護は、経済状況より優先すべき問題だ。、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 政治力に於ける日本の現状 | トップ | 平和を唱えながら何故軍備が... »

コメントを投稿