戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

獣医が不足来たしている原因は何か

2017-05-26 19:47:00 | 日記
動物の医師も、牛馬豚鳥など食生活に密着した医師とペットとしての犬猫、小鳥、鑑賞魚などの家庭での飼育が盛んになり、それも都会の飼育者が多くなり、結構繁盛している医師と大別される。毎年1.000人程度新規卒業者があるなか、60%は都市部の犬猫病院を希望すると言う。産業医師の当然不足を来たす。獣医学校を増やす問題と、就職、開業の選択が問題になってくる。この振り分けをいかにするか、特区で学生を誘致しても、防衛大卒業者が民間に就職することも認められている今日名案があるのだろうか。今から動いても6年先の話かもしれぬ。学校周辺に留められればよいが、当然各地に分散される公算は大と思われる。政治はどの時点で何を睨んで計画を押し勧めてか詳細を知りたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 漏洩された情報の信憑性はす... | トップ | 暗黒政治濃厚となったからに... »

コメントを投稿