戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメリカこそ日本の前線基地の使用料を支払うべきだ

2016-11-12 19:38:20 | 日記
アメリカは日本の防衛を任され、これがため、地上基地並びに航空の独占的権利を得ていると思って居る。。言い換えれば沖縄基地は太平洋戦争の占領した代償と思っている節がある。しかし実情はアメリカ防衛の前線基地が主眼であり、日本が一方的にアメリカの日本駐在のための経費を全額持つ謂われはない。トランプ氏よ、誤解する勿れ。アメリカと中国が太平洋で国境を接するとしたら、今の経費では、支え切れない膨大な金額となる。日本の弱点は、アメリカ兵を血をながしても、日本兵は絶対血を流さないところで留まる自衛隊を強調するが故、全部危ない行動はアメリカに任せよう、それを正当化すべく、集団的自衛権の解釈範囲で今日まで来た。日本国は、天下泰平、あらゆる趣味、娯楽、運動、演劇、等の現状を見れば、日本はお金の使い方は余裕があり余っていると思うだろう。オリンピックの2兆、3兆と湯水のごとく計画しても、国は若輩の担当大臣と、首相任命の組織委員会会長成り行き任せ、外国の人は、日本の余裕たっぷりの姿に、トランプ氏の言動を鵜呑みにされることを恐れる。我々は自国は自国で護ることを前提とし、足らざるところは、平時の外交努力で、真に日本が必要である実績を積み重ねる努力に待つ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 豊洲市場の除染後の盛り土を... | トップ | 高齢者の自動車運転事故の防止策 »

コメントを投稿