戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

米国が戦争に勝って幸福になった国は何処か

2018-05-25 10:32:25 | 政治社会
日本が敗北してから七十余年、朝鮮戦争、ベトナム、
イラク、イラン,アフガニスタン等幾多の戦争が繰
り返し行われべとなぬ以外は依然として平和な生活
の展望がない。ここえきて北朝鮮が核弾、ミサエ
ルの独自技術で停戦中のアメリカに核保有国として
認めて貰いたく苦節70年を一挙に解決すべく踊り
出た。アメリカ曰く、核を放棄して非核を貫けば、
経済制裁を解除し平和な幸せが来るという。国の
幸、不幸は他国が決めることではない。こ言う国
を造りたいとは民族、、国民の意思でk決めること
で、独立国とはそう言うものである。日本の現状
はどうだろうか。自国の意思をもった国だろうか。
アメリカの属国扱いでない、日本の意思の通る同
盟でなければ、国民が衰えて来る。恰も時節柄、
日大のあのアメフト試合の責任もない体たらく、
現職にしがみ付き力ずくでの、対面、体裁を繕う
姿は亡国の憂き目を見る。国を護る自衛隊も危し。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 臆面もなく指導者面を許すな | トップ | 政管の膿を洗出す筈が、贈収... »

コメントを投稿