戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

相撲協会改革は自力でやなねばならぬ

2018-02-01 08:56:27 | 政治社会
改革何度でもやるべきだ。監督官庁は厳しく指導すべきだ。
毎日テレビの話題にするより、自力で改革が出来なければ
相撲協会の存在の意義を失う。観客は相撲から何らかのも
のを得るとすれば、精神修養の見本が欲しいのではない。
自己の体調のコントロール維持の真剣さによる勝負が見た
いだけで、土俵に上がって見負ければわからないでは済ま
ぬ。昔は立ち会い時間前に両力士の呼吸が合えば立ち会っ
たものだ。呼吸を合わせる意思のない立会は鬱陶しい。
集団には必ず派閥が生まれ、派閥闘争が生ずる。相撲ばか
り待望してるテレビ聴視者はいない。すでにテレビ内容に
失望してる多くの人は見ないこととしている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ドラム式洗濯機の安全装置に... | トップ | 紊乱の様相を呈する日本 »

コメントを投稿