戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

地球の舵取りの正念場

2018-06-11 12:58:20 | 政治社会
国の生命を賭けての北朝鮮と超ベテランの営業マン、
過去のアメリカをかなぐり捨てアメリカの利益第一
主義に徹するトランプ大統領、相反する人物に見え
る半面、妙に精神的に近い「特異体質」の所有者と
見えてきた。中国、ロシアが後方で虎児する中一発
で大きな方向性が垣間見えるだろうか。
 北朝鮮の軍隊、軍備に追われ貧しい生活で我慢し
てきた貧問、朝鮮の南北経済格差の解消時間を考え
れば、「核」を大国の所有物にさせない従来の忍耐
が精神的に瓦解を来たす。民族を滅亡させてはなら
ない解決策はないのだろうか。世界が朝鮮の存亡を
欲するや否やである。北朝鮮は戦争に没入してはな
ラぬが、アメリカのみに国を委ねることは超慎重で
あるべきだ。明日の12日が初日か終日かの重要な
会議である。冷静に一夜を過ごしたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 真実が語れぬ現政権には国政... | トップ | 獅子吼のオジサン宇宙軍を説く »

コメントを投稿