戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

世界文化遺産のユネスコ登録について

2017-05-08 19:21:25 | 日記
神宿る島宗像の沖ノ島の登録について、関連遺産群が登録から外される懸念が出てきた。日本の神の存在は特異性があり、沖ノ島に亘る人員の制限、天照大神の長女、次女、三女をお祭りしてある部分が除外地の情報があり、地元は困惑の模様だ。が待てよ。一か所でも登録されれば、観光客は下調べして必ず訪れると思う。あまり最初から経済効果のみにはしることはない。むしろ国内の体制を確立すべきで、外国人から見て異様にに感じる部分も少なくないと思う。相撲の土俵と同じく女人禁制や世界人口規模から見ての収容能力の問題、交通機関、宗教的儀式故、長期にわたり、引き付ける魅力の研究も重要な課題と思う。世界文化遺産から外れたものがあっても、日本の文化遺産であることに変わりはない。もっと視野を広く、眼を見開き足元からじっくりと固めれば、神秘性に引き付けられる人が増えると思う。大挙して訪れたら捌く計画があるか心配だ。生活様式が違う集団とはどんなものか、大いに研究され、先ずは日本人から始めたらどうでしょうか。成功を祈る。
コメント

小林麻央さんの闘病ブログにしばし祈りをささげます

2017-05-08 12:01:26 | 日記
懸命に病と闘って、克明に日々なぜ私だけが病を背負っているのか自問自答されている姿が移り出されます。このストレス半端なものではない。同じ癌でも100人が100通りの症状を見せている。発見が早い遅いだけの問題ではない。熱、痛み、食欲不振、不眠と一斉に取付かれる他人が代われない見ている方も手の出すようもなく、痛みを撫でて気分転換を図るしかない。他人に負担を掛けたくない気持ちが、親子、夫婦、24時間見守ってくれる医療関係者に対する感謝、これらを思うと、ブログの大見出しだけで手に取るようにわかる。めったに祈らない私だけれど、心情を思えば、祈るしか負担を掛けずに直す手立てがない。人間何れは死ぬ時期がある。戦場で食なく、軍医も衛生兵も病に倒れ手持ちの薬もなく大けがは死を意味したが、今は日日薬も開発され、持ちこたえる気力を維持できればストレスを最小限になるよう体力維持に専念して貰いたい。何万人に一人と言われる難病の方も少なくない。元気を出して下さい・、
コメント