ブログ日和。

映画と、『ER緊急救命室』『ザ・ホワイトハウス』などの海外ドラマと、世間に対してのツッコミを徒然に書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』@ドイツ文化会館

2006-01-30 23:45:12 | 映画
1/27にドイツ文化会館で行われた「白バラ映画祭」にて。

自分は授業で知ったのだけど、白バラとは、ナチスドイツ時代に政権に抵抗するためのビラを家々に送るような活動をしていたグループのこと。その一員であった女子大生のゾフィー・ショルは、兄のハンスと共に活動していたのだが、ある日、大学でビラをまいたことを見つかり、逮捕されてしまう。そして処刑されるまでの5日間に焦点を当てた作品。

『白バラは散らず』という彼らのお姉さんの書いた本を読んだとき、自分の信念を貫き通すために、潔く「罪」を認め、死さえ厭わないという姿勢に対して、頭の下がる思いと同時に違和感も持った。自分と同じ21歳が、信念のために死ねるか、死を前にしてもなお取り乱せずにいられるだろうか、という疑問だ。

そしてこの映画を観て、その疑問が少し解けたような気がした。ベルリンの壁が崩壊し、東西ドイツが統合されたあと、東側に隠されていたゾフィーたちの調書が明らかになって、それがこの作品の中のゾフィー像に活かされているのだ。実は最初、罪を認めずしらを切ろうとしていたらしく、尋問官モーアも信じかけたという。そこに人間くささを感じる。しかし、逃げ出したい気持ちを抑え、証拠が見つかってしまったあとは、一転、モーアを捲し立て、丁々発止のやりとりが始まる。モーアの言っていることは彼自身にとっては真っ当だが、ゾフィーはそれを詭弁だと断言する。その姿がなんとカッコイイことか。

その後、ゾフィーたちは出廷させられる。赤い法衣を着た裁判官は、まるでヒトラーかのように絶叫し、彼らを糾弾する。「あなた以外は戦場の状況を知っている」と裁判官をまっすぐ見据え訴えるのも虚しく、あっという間に死刑宣告されてしまう。こんな絶望的な話の中にも、ゾフィーが明かり取りの窓から太陽を見上げる様子が、未来への希望を感じさせて、とても印象的だった。

上映後のシンポジウムには、マルク・ローテムント監督や「白バラ」の生き残りのフランツ・ミュラーさんが壇上に上がった。1968年生まれの若い監督ながら「私たちの世代に戦争の直接の責任はないが、歴史を知る責任はある」という言葉に含蓄があった。会場には、中高年が目立ったけれど、ゾフィーと同じ世代の自分たちこそ観るべき映画。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『プルーフ・オブ・マイ・ラ... | トップ | Do you have any rock CDs? »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あー (783)
2006-02-01 18:19:35
初カキコで失礼しますー

ドイツ文化会館に、26日に私おりましたよー

「最後の五日間」と「白バラは死なず」見ました。

当然「白バラの祈り」もみようと思ったんですけど、ドイツ文化会館の椅子はきつかったのでシャンテに行くことにしました。。
Unknown (ピロシ)
2006-02-01 23:50:30
どうもどうも。

そうだったんだ。あそこのホールは映画観るような仕組みになってないからねぇ。

係の人の手際も悪かったし…。

でも、映画の内容は保障します。尋問シーンは息を呑むよ。



これから『白バラの祈り』と『ヒトラー最期の12日間』でレポート書きまーす。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事