Umi kakasi

自分が感じたことを思うままに表現してみたい。

知ってますか、「蜂窩(ほうか)織炎(しきえん)」と言う病気。

2015-08-31 17:08:18 | ちょっと、つぶやく 300
足を切ってと言うほど痛いですよ。

いゃ、大変な病気に罹って(かかって)しまいました。同じような事が2014年1月にも、
睡眠不足と過労が原因と言われ罹った病気は「帯状疱疹」この何れの病気も、激痛の
伴う大変な病気を患い、「書くべきブログも書けず」、唯々、悔やみながら今は、
痛みに耐え、遅延した投稿の原稿は、週遅れで追想として書いて埋め戻したいと
思っていたが、今は書ける状態ではない。
年老いてからは、若いころとは違い無理しない事だ、特に睡眠不足による体調
管理には注意する事だろう。

だが、平凡な日々を送りながらも、突然やって来た病気には、勝てるものではない。
本当に驚かされた。、特に自ら一度も経験のない病気には、軽症なのか、重傷なのか、
この病気にかかって判った事だが、判ってはいても、病気は早期の発見が第一、
たかが足が、浮腫んで(むくんで)いるだけと、甘く見たのがいけなかったようだ。

動けなくなったちょうどその日、孫娘は会社が休みだからと、近くの罹り付けの病院、
中津の総合病院と、一日中若い娘が年老いた私の為に、妻と共に付き合ってくれた
事に感謝している。
あの日、発症してからちょうど14日目、一日も早く治りたい一心で、痛みに耐えながら
治療に専念はしているが、唯々激痛に耐えながらの毎日、車椅子を妻に押して
もらいながら、感謝と共に医者通い、発症の日から点滴初めて2週間、まだ暫くは
治る気配はなさそうだ。

蜂窩織炎は、体力の減退、疲労免疫や抵抗力が弱っているときに、毛穴や汗腺、
傷口などから細菌が入り込み、バリア機能を破って、皮下組織の深い部分にまで
侵入して発症します。
初めは、右足人差し指の爪のあたりが紫色に腫れ、足の甲がむくんでいるように、
腫れはじめた両足が、靴も履けない状況になり、始めて病院へ行ったが、病院に行く
のが遅すぎたようだ。
異常を感じたらまず医者に診せ、早期に正しく判断して戴き、治療に取り掛かる事だ。

この病気、蜂窩織炎を発症した場合、適切な抗生物質を服用すれば、数日から2週間
程度で治るようだが、罹ってみなければ判らない、あの激痛どうにもならないらしい。
病気の炎症が重度の場合には入院が必要となることもありますし、正しい治療が
行われないと、敗血症、髄膜炎、腎炎などを合併して重篤になることがあります。
早めに総合病院の環器科で、詳細な検査と医師の診断を受ける事でしょう。
この蜂窩織炎は一般的には、1ケ月程度で自然に体内へ吸収されて、消えていくと
言う事ですが。抗生物質を服用しても改善せず、病状が進行する場合は、蜂窩織炎
ではなく壊死性筋膜炎の可能性があります。
時と場合では、入院が必要となりますので、早急に病院で処置をしましょう。
また、慢性リンパ浮腫などの基礎疾患を有している場合、同じ部位に習慣的に再発を
繰り返すことがあるらしい。

どんな病気か
蜂窩織炎、聞きなれない言葉ですよね。
蜂窩織炎の感染源は、毛穴や小さな外傷の傷口などから、黄色ブドウ球菌など化膿
レンサ球菌のほか、いろいろなの細菌が入り込んで、皮膚の深い層から皮下脂肪組織
にかけて急速に、水平に広がるり化膿してしまう感染症ですが、

皮膚の損傷(外傷、皮膚炎、白癬感染など)が多いですが、感染源が全く特定できない
場合がほとんどで、原因となる細菌は身近なところにあるものなので、人にうつる
ことはありません。
熱感とさまざまな激痛は、避けられない症状で我慢の極限に耐えながらの治療に
専念し唯、時を待つだけです。

また、手や足の指趾(手の指・足の指)の先端部で発生したものは、ひょう疽といい、
表皮に感染した場合は伝染性膿痂疹(とびひ)となります。
口の中にできたものは、口底蜂窩織炎、肌の表皮に感染したものは、伝染性膿痂疹(とびひ)
といいます。下顎部の紅斑、腫脹より細菌感染によって起こる、皮膚の深いところか
皮下脂肪組織にかけて炎症を起こす化膿性感染症です。
広い範囲が赤く腫れ、熱感とさまざまの程度の痛みがあります。


蜂窩(ほうか)織炎(しきえん)の症状
蜂窩織炎。この病気の特徴と言えば、全体の9割は膝下で発症しており、蜂窩織炎を
引き起こす細菌の侵入口の多くは水虫の傷だと言われており、「蜂窩」とはハチの巣の
ことで、融解し」切らずに残っている間質細胞と細胞内に浮遊している細菌が
「ハチの巣と、巣の中にいるハチの幼虫」のように見えることからつけられた病名らしい。

発熱や、だるさもありますが、もし、著しい倦怠感、激烈な関節痛と筋肉痛、高熱があり、
病変部が赤紫色に腫れ、水ぶくれなどができたときには、すぐに手術をして病変部を
郭清(きれいになるまで掻(か)き取る)しなくてはなりません。
時には、壊死性筋膜炎という重い病気の危険があるからです。

蜂窩織炎の発生しやすい好発部位は、下腿部の足の甲、足首のあたりや足背部が始めは
浮腫(むく)み、徐々に広範囲に下肢全体がゴム毬のように、バンバンに腫れ上がり、
赤く硬くなって患部は広い範囲がぼんやり赤く硬くなって腫れます。
腫れてしまった患部は、熱感と最高激痛を伴い、下肢の血流の動きで激痛が走り、
言葉に表せないほどの痛みで、立つこともままならない状況に置かれ、痛みは
唯耐えるのみ、、暫くすると「ぶよぶよ」と小さな水泡はバンバンと膨れ上がり、
想像以上の大きさ、ゴルフボールの半分ほどの大きさに膨らみ、中に水が溜まり
この時が激痛の最高、この激痛を軽減するための手段は坐薬の挿入で、安静を
保ちながらも、タオルなどで一か所ではなく、全体的に冷やし安静にして足は
少し上に挙げ安静にしましょう
蜂窩織炎の治療中は、家事や仕事を控えてできるだけ安静にし、入浴やマッサージと
いった血行をよくするようなことは、蜂窩織炎の症状が改善するまで控えます。
就寝時には足を高くして、リンパの流れが滞らないようにしましょう。
深い潰瘍ができることもあります


蜂寓織炎の原因は何か
過労や疲労の蓄積から、細菌に対する抵抗力や、免疫力が低下しているときに、発症
しやすいので、中年以降の高齢者に多くかかる病気だと言われ、皮膚を不潔な状態に
している人などは、感染を起こしやすいく、発症箇所のほとんどは膝下部分です。
細菌の入り口となりやすいのは、水虫の傷口が多く、その外には虫刺されをひっかいた
傷口や、皮膚炎の患部、リンパ浮腫の水分が溜まっている、むくんでいる箇所などが
あります。
このため、水虫の人や、子宮がんや乳がんの手術をした人はなりやすいので要注意です。
蜂窩織炎は、1年間に10万人に200人程度発症すると言われている病気で。

蜂窩織炎を治療せずに放置すると細胞壊死が広がってしまい、更に悪化すると、広範囲に
組織壊死を生じ、壊死性筋膜炎や菌血症を引き起こし、生命に危険をもたらします。
この病気、何時誰が、患うか判らない病気だけに、体調がおかしい、手足の浮腫みが
ひどいと思ってたら、躊躇(ためら)わずに病院に行くことだ、特に俺は大丈夫と思わ
ないで、中年以降の頑張りは、ほどほどにした方が良いようだ。

いずれの病も手遅れになる前に、医者に診せる事だ。これが治す早道。



コメント   この記事についてブログを書く
« 英樹・肝心な日にトリプルボギー | トップ | 第1戦 ザ・バークレイズ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ちょっと、つぶやく 300」カテゴリの最新記事