Brawn GP & SAF1 & HRF1 - Fan
 F1 メインっス。
 外野から好き勝手な事をギャースカ喚いています。
おかえり鈴鹿





素晴らしい天候に恵まれた、素晴らしすぎる鈴鹿サーキットで開催された日本GPに行ってきました。
今年も例年と変わらず、金曜日の夜に出発し、土曜日及び日曜日の参戦で。
車中泊です。

で、2年ぶりのレポートを作っていきたいなと思いのですが、さて何から書けば良いのでしょうか。
もうレース結果は皆さんご承知の通りだと思います。
とにかく可夢偉に尽きる日本グランプリでしたよね。
やりました! 自身初の表彰台が母国GPという快挙です。

今年は序盤からザウバーチームのマシンは競争力があり、予選でも表彰台圏内からのスタートもすでに2回(中国&スパ)もありました。
何よりチームメイトのペレスの方は展開に恵まれたり、戦略がはまったとはいえ、すでに3回も表彰台に上がってしまっています。
(ペレスはタイヤの扱い方が上手いという点がありますが、彼が表彰台に上がったレースはいずれも二桁グリッドからのスタート)

しかも予選結果では、今年は可夢偉がペレスを圧倒していますし、(ペレスの今季最高獲得グリッドは4番手が1回)速さは十二分にあったわけです。
私はもちろんですが、恐らくほぼ全てファンの方々も可夢偉の表彰台を渇望していたはずです。
『とにかく無事に、普通のレースさえ出来れば・・・』
もう今年の可夢偉はそんなレベルまで来ていました。

にも関わらず、勝負できそうなグランプリに限って『なぜこんな時にまた・・・』という不運の連続。
可夢偉自身の反応速度は全然負けていないのに、スタートセッティングを誤ってミススタートという形になり表彰台争いは終戦。
グロージャンミサイルの餌食。
予選でのチーム判断のお粗末さ。

そんな非常にバリエーションに富んだ悲劇ばかりで、マシン自体は非常に合っていて勝負できるコースの時はことごとく予選の順位が悪くわずかに届かずか、予選が良くても決勝では・・・
という酷くエグイ結果ばかりを投げつけられてきました。
予選もスタートも良かったバレンシアではピット作業が遅く、ピット作業で抜かれたこともありました。
全てのレースで順調にいくなんてことは有り得ないにしても、全てのレースが駄目になるというのもなかなか厳しいものがあります。

もちろん可夢偉自身がミスしたこともありました。
シルバーストーンではピットクルーを撥ねてしまいましたし、逆にペレスは全てが順調だったわけでもありません。
それに決勝でのタイヤの使い方はペレスの方が凄いというレースが多いのも確かです。

まあここまで長々と未練たらしいことを書いてきましたが、何を言いたいかといいますと、ここまでのペレス・可夢偉のポイント差はそっくりそのままの実力差とはさすがに言えないでしょうということです。
そんな中、今回の表彰台獲得。
それはもう、獲れそうで獲れない日々の中、待ち続けた日本中のファンが爆発するのは必然でしょう。
もう漫画の世界です。

セーフティカーやウェットコンディション等の展開がハマった上での表彰台ではなく、上位陣と同じタイヤチョイスとピット回数による正攻法でのリザルト。
終盤のマクラーレン&バトンというトップクラスを抑えてのリザルト。
ガチ勝負で獲ったことがなお更です。

表彰式直前で発生した可夢偉コール。
感動的でした。
本当に多くの人が興奮し、笑顔でサーキットを後に出来た素晴らしい日本GPだったと思います。

SAF1、Honda、ブラウンGPと立て続けに消滅してしまった現在のF1。
個人的にはもう母国ドライバーの可夢偉選手が一番の存在でしたし、私も今回は本当に良かったという言葉しかでません。
ザウバーチームの仕事も素晴らしかったですしね。

ただそんな日本のモータースポーツ史において快挙を成し遂げた可夢偉選手ですが、残念ながら来季については決まっていません。
連日のようにF1ニュースに出てますが、マクラーレンに移籍するペレスと共に巨額のメキシコマネーがチームから離れるため、可夢偉にも大きなスポンサーを求められているからです。
可夢偉自身は「チームからそんなにスポンサーマネーは求められていません」と言ってたこともあるみたいですが、“クビで決定”みたいな報じられかたはさすがに心配になりますよ。

今回の日本GPでのレースっぷりをみると、まだまだ可能性を感じさせてくれる可夢偉。
来季もその雄姿を見れることを切に願います。

てなわけで、終わってみれば日本GPレポートではなく、今回の日本GPのヒーローについての記事になってしまいましたねぇ。(笑)
それだけ可夢偉君が凄かったってことです。
次の記事で日本GPのレポート的なことを書いていければと思います。

ここまで読んでくださった方がいましたら、本当にどうもありがとうございました。



blogram投票ボタン

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




えー、何から申せば良いのでしょうか?
お久しぶりです。
生きてます。(笑)

もはや、この季節、年1の更新がデフォルトとなりつつある当ブログでございます。
しかし、この時期に更新をするということは、私はまだF1を見ている訳で。
今年も鈴鹿に行きますよ。

昨今のF1人気低下は如何ともしがたく、遂に今年からは地上波での放映も無くなってしまいました。
なので、なお更無関心とディープなファンとの2極化が進んでいるのかなぁと心配しつつ、ここで盛り上がってほしいと切に願いながら鈴鹿に向かいます。
本当に盛り上がってほしい。

そのためには、日本全体が再びF1に目が向くには、やはり日本人ドライバー可夢偉の活躍が不可欠だと思います。
残念なニュース、ミハエルがこの度2度目の引退を決めました。
この時期での発表は少なからず昔のファンの琴線に触れるニュースだと思います。
しかしだからと言ってF1が地上波で放送されることにはないでしょう。
そのためにも可夢偉の最高リザルト更新を願い、応援したいと思います。

とまあ、前もって期待しまくって現地に向かうと、これまでの鈴鹿ではあまり良い結果が出ていないので、ほどほどに鈴鹿へ向かいたいと思います。(笑)
あと、今年はレース後のレポートブログも更新するよう、可夢偉云々より、私が最低限のことをしなければいけませんよねぇ。(苦笑)
とにかく今年の鈴鹿は週末通して天気が良さそうなので、それが何よりですね。
今度の更新は1年後ではなく、近いうちにできるよう、行ってきま~す。
ではまた。



blogram投票ボタン

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




超お久しぶりです。
少し更新したかと思ったら、また長期間のサボリ。
気が付けばもう日本GPということで、さすがにこれはイカンと、記事を書いております。

もう9月も終わりを告げようとする現在、次のグランプリはいよいよ日本は鈴鹿というところまでやって参りました。
ブログは更新していない私ですが、今年も鈴鹿に行きます。
ちなみに普通に生きてます。

と言いつつ、こんな何カ月も音沙汰のないブログ、正直独り言でしょうが・・・
本当に今年はダメダメです。
F1は相変わらず好きで、全グランプリ観ているんですが、ブラウンGPまでいなくなってしまって記事を書く気力が中々出ませんでした。

仕事が去年の終わりから忙しかったのもあるんですが、それも所詮言い訳ですよねぇ。
情けないことです。
久しぶりの更新ですが、読んで頂けると本当に有難いです。

それにしてもベッテル大独走で、ぶっちゃけ非常につまらない(苦笑)シーズンになってしまいましたねぇ。
せめてもの救いは、シンガポールでタイトルが決定しなかったことでしょうか。
そういった点では、『いよいよチャンピオン決定か!? F1日本グランプリ!』ってことで盛り上がればなー。

ベッテルはあとたった1ポイント獲れば2連覇達成ですから、鈴鹿が得意なこともあり、リタイヤさえしなければタイトル獲得するでしょう。
(レース中に2回パンクに見舞われても10位入賞は出来ると思います)
しかも仮にリタイヤしても、対象のバトンが勝てなければそれでもタイトル確定な訳ですし、その辺もしょうがないなぁって感じです。
(個人的にはバトンに勝ってほしいですが、バトンは鈴鹿が実はあまり得意ではないですし)

まあ今回の日本GPはベッテル戴冠と、可夢偉君が去年のような大活躍が出来るかという2点しか大きな話題は無いかなと思います。
個人的にはもう少し混戦だったら良かったのにと思うのですが、今年のベッテルは本当に非の打ちどころがなく、実にチャンピオンに相応しいドライバーに成長しましたよね。
でも目の前でタイトルが決まる瞬間を見れるのも中々ないことですし、歴史的瞬間に立ち会えるのではないかと前向きに期待して観戦したいと思います。


さてもう一方の主人公と言って良いでしょう可夢偉選手ですが、最近の彼というか、ザウバーチームがあまりにお粗末すぎて、正直不安で一杯です。
シーズン序盤はレース中にトラブルが発生しようが、最後尾スタートだろうが、チェッカーを受けた時には入賞してた、あの職人とも言える走りや状況判断はただただ驚いていたんですがねぇ。

ここ数戦はチーム側の素人以下としか思えない戦略&状況判断や、『どうしてこのタイミングで・・・』というところで発生した無線トラブル等々。
何ポイント失ったか解りません。
挙句の果てにはコンストラクターズ6位をフォースインディアに逆転され、がっちりキープされる始末。
本当に今はなきBARより酷いとさえ思います。

それもこれも全て鈴鹿で爆発するための前振りであってほしいと願ってやみません。
チームに期待できない以上、少なくとも前戦のように予選でミスするということだけは無いよう、可夢偉君には頑張ってほしいです。
最近結果が出てない&母国GPで焦るなという方が難しいですが、可夢偉君ならと思う訳ですし。

やはりザウバーのマシン自体は鈴鹿は合っていると思うので(特にセクター1と2)、可夢偉君自身も言ってますが、チームに対して『最高はいらないんで、せめて普通にいってくれれば』と願う次第です。
何だか、普通の戦略すらできないF1チームってのも悲しいですが、ホント、頼むぜザウバーチーム。
日本GPこそはと期待して、あと10日間を待ちます。

久しぶりの更新でしたが、ここまでご覧下された方は本当にありがとうございます。
ではまた。


blogram投票ボタン

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




また遅い更新ですが、それでもこんなブログを見て下さっている方には本当に感謝です。
何かと申し訳ない。
それでは第2戦マレーシアGPと、第3戦中国GPについてまとめて書いていきたいと思います。

開幕して1ヶ月しか経っていないのですが、その間で感じたのはもうレッドブル&ベッテルが絶対的な存在ではなくなってきたということです。
第2戦のマレーシアでは、KERSがなければベッテルのポールは無かったですし、中国GPではとうとう連勝がストップしました。
中国GPでは結果的にベッテルは2ストップで失敗して、正解だった3ストップを敢行したマクラーレン&ハミルトンが勝ちを奪えた感はありますが、開幕戦のあの圧倒的さがあれば、いくら2ストップ作戦でも勝ててた思いますから。

でもベッテルは負けた。
これは第1スティントでベッテルがバトンに蓋をされ、思うように逃げれなかった分が最終的にハミルトンに交わされたということもあると思います。
とはいえ、第1スティントでバトンに蓋をされていたのはハミルトンも一緒でしたし、3ストップでタイヤを酷使できる分バトンがいなくてもハミルトンはベッテルについていけたと思っています。

そしてここまでの3戦で妄想の域を出ない私の考えなんですが、
開幕戦のオーストラリアは予選でも決勝でも路面温度は20℃前後でした。
対して予選で大苦戦したマレーシアは路面温度が高かった(予選では40℃前後)。
そして今回の中国GPはぶっちぎった予選は20℃そこそこと低く、決勝は30℃くらいあった。

これらの温度との関係性はさすがに影響があるのではと思います。
まだこれからのグランプリは、路面温度が40℃を超えるようなとこはしばらくないと思います(よっぽどのピーカン照りでなければ)が、7月くらいからは晴れれば30℃は確実に超えてきます。
それまでの間でレッドブルは高温に対応できるマシンに改良してくるのでしょうかね。

しかし次のトルコは、例年路面温度が結構高いコース。
3週間空くところで、レッドブルはその辺を改良するアップデートを施してくるのかが、上位陣での一番の関心です。
逆にマクラーレンはこれからしばらくは良い状況になっていくと面白いですね。


そしてフェラーリの沈みっぷりがいよいよ深刻になってきました。
保守的なマシンでの伸び代の少なさが早くも蓄積されていってる気がします。
ただこのチームはレッドブル型の排気システムは入れれていないと思うので、それをここ2戦の間でモノにできるかでしょうね。

遅いなりにも表彰台争いができていれば何とかなると思うのですが、6位や7位じゃタイトルは争えません。
もうこの辺がシーズンを通して追いつけるタイムリミットでしょうからねぇ。
とにかく予選ですね。
レース序盤で遅いマシンに前へ出られて蓋をされたら、ただでさえ遅いのにプラスα、どんどん差が広がって勝負になれないというのが今年のピレリタイヤって感じですから。


そして中段争いも熾烈になってきました。
ザウバーとトロ・ロッソにフォースインディア。
リタイヤが無く、特に波乱も無ければ、現状ランキング上位5チーム10台で入賞の椅子は埋まってしまうわけです。

そこで今回のようなルノーの低迷や、ミハエルの落ち込みなんかがあった時に空いた1枠2枠に入り込めることが非常に大変になってきています。
そんな中、可夢偉君が非常に素晴らしい仕事をしていますね。
中国GPなんかは、終始フォースインディアに前を塞がれ続けていましたが、最終的には前に出て空いていた1枠を獲りました。

第3スティントの序盤、タイヤがグリップしている間にまずはスーティをパスし、タイヤが新しい間に出来る任務を遂行。
そしてディレスタに追いつき、今度はディレスタのタイヤが終わった時にパスしてきっちり1ポイント。
ペトロフには抜かれましたが、彼はタイヤ交換を遅らせた分タイムが1秒ほど良く、ちょっと勝負になれなかったのでこれは仕方ないかなと。(ディレスタもすぐにパスされましたし)

差がありすぎる相手を抑えることに一生懸命になってタイヤを酷使して、前のディレスタは抜けない、で、最終的にペトロフに抜かれたなんて状況だとポイントが獲得できなかったわけですから、望みの薄い勝負で2ポイントを狙うのではなく、できそうな1ポイント獲得を実現したのは非常にクレバーだと思います。
コンストランキングで相手になるのは、悔しいですけど一段上にいるルノーではなく、下のフォースインディですから。
ディレスタ1ポイント・可夢偉0ポイントと、ディレスタ0ポイント・可夢偉1ポイントでは、2ポイントの差になるわけで、ペーターさんがレース後に大喜びで可夢偉君を迎えたのも当然でしょう。

マレーシアでは予選でちゃんとQ3に進んだ上に、まったくタイム的に無駄だった2ストップ作戦だったにも関わらず8位でゴールしたわけで、本当にベテランよりベテランな職人の仕事をこなしています。
しかも今年はエースドライバーということで、フリー走行でのニューパーツの評価は彼が一人で行っている状況です。
その分、自分のセッティングの時間がチームメイトに対して削られているのに結果を出している。
本当に歴代の日本人ドライバーよりレベルが1段高いところにいると思います。

ザウバーはスペインでレッドブル型の排気システムの投入を目指しているで、ここできちんと機能する(コンマ5秒アップするといわれている)ことを願い、今からすごくワクワクしています。
中国ではそのシステムの試作第一弾を彼が評価していますし、次のトルコでは更に改良された試作品のテストも任されることでしょう。
ここで使える目処がたってほしいです。

次のトルコまでは日が空きますが、チームには開幕3戦で蓄積されたデータの解析や、より良いニューパーツの開発に大期待して、3戦連続入賞(本当は4戦連続)を果たしてもらいたいものです。



blogram投票ボタン

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年も遅~い更新です。(笑)
開幕戦オーストラリアGPについて振り返らせていただきます。

勝者は戦前の下馬評通り、レッドブル&ベッテルの圧勝でしたね。
特に予選。
2番手に0.8秒差って・・・

開幕戦ということで、チームによってはタイヤを使えていないとこもあったとは思います。
アルバートパークサーキットは市街地コースでかつ、路面のμが低いことも読めない部分はあったでしょう。
しかし、0.8秒て。

これって、数字だけ見たら今後の開発云々で追いつける差ではないですよね、常識的に考えて。
しかも今年のレッドブルは、昨年までの弱点であった信頼性にかなり力を入れてきてます。
どーしたんですか、ニューウェイさんらしくもない!(笑)
信頼性まで高かったら、今のところ死角を探したくても探せない感じですねぇ。
昨年以上にブッチギリなんでしょうか?

しかし、そうは言ってもまだまだ解らない部分はあります。
まずはタイヤの持ち。
開幕戦は路面温度が20℃を僅かに超える程度でした。
しかしこれからは路面温度がどんどん上がっていく季節ですし、真夏のグランプリなんて40℃後半までいく場合がありますからね。

低温と言って良い今回でしたが、それでもレッドブルのレースペースは予選程の速さが感じられませんでした。
まあ後続との差をキープして、抑えて走っていた部分もあったとは思いますが、それでもここでもっとプッシュしなければいけないんじゃ? と思う場面でもそれほど上げれなかったかなって思いました。
タイヤが温まりやすいマシンだとするなら、一発は熱を入れやすく馬鹿みたいに速い。
でもレースペースになると、他のチームもこれくらいの路面温度でも熱を入れれて差が縮まる。
そんな可能性も考えられるではと。

そこからさらに路面温度が倍くらいになって、決勝ではレッドブルのタイヤが早くタレて、ピットストップ回数が増える。
そして混戦。
そんな状況も考えられる? というか、個人的にそうなって欲しいだけなんですが。(笑)

なので、次戦マレーシアではスコールが降ることなく、高い路面温度でのレースを見たいですねぇ。
そうなれば、各チームの戦力分布図が見えると思います。


そして2位がビックリしましたねぇ。
マクラーレン&ハミルトンでした。
個人的にはマクラーレンは5番目のチームと予想していましたが、見事に裏切られました。
オフのテストでの、あのロングランのタイムの落ち方は一体なんだったのか? と。(苦笑)

色んな意味で、レッドブルの独走を阻止できるとしたら、このチームしかないような気がします。
フェラーリはコンサバなニューマシンですから、それを素人考えだとどうしても大幅にマシンを変えてきたマクラーレンの方が伸び代があると思いますからねぇ。
しかもマクラーレンは過去、シーズン中での開発能力の高さから盛り返してきた実績も充分ですし。
あの外見が今後のトレンドになるかもと思うと複雑ですが、マクラーレンの、特に個人的にはバトンの逆襲に期待したいです。


そして3位。
なんとビタリー・ペトロフですよ。
ルノーはオフから速い速い言われてきましたが、まさか彼の方がくるとは正直、露塵ほども思っていませんでした。

昨年のとっ散らかりぶりは悲惨でしたからね。
もちろん、昨年のハンガリーGPのように、決まればクビカとも対等にやれるところはあるんですが、今回のグランプリは週末を通して、一貫して非常に力強く、頼もしい仕事ぶりに映りました。
もしこのまま、ここらへんの位置で毎回レースをするようなら、『後ろに強い奴がいるともの凄く集中する』らしいビタリーの相乗効果での高パフォーマンスが続くかもしれません。

個人的にはニック派で、次こそは歯車が噛み合って、ペトロフの前で決めてほしいですがねぇ。


そしてフェラーリです。
どうしちゃったんでしょうか。
オフはレッドブルの次はフェラーリだという下馬評でしたが、レッドブル・マクラーレンからえらく離された3番手という位置でしたね、今回は。
フリー走行から見ていて、マシンが全然思い通りに動いてくれないと、ドライバーが四苦八苦しているように見えました。

レースではアロンソのペースが予選に比べて随分良かったようには見えましたが、それでも3ストップだったことを考えれば、まだまだだと思います。
まあ今回考えられるのは、路面温度の低さが一番の原因だったのかなとは思いますけどね。
特に予選は路面温度が18℃とかでしたから。
そこから決勝では5℃ほど上がり、トップとの差が劇的に縮まった気がします。

早速フェラーリは次戦、タイヤの熱を入れやすくなるアイテムを投入することを言っています。
マレーシアは灼熱の地で、さらにそんなパーツを入れたら、逆にタイヤがタレやすくならないことを祈ります。(笑)
とにかく、フェラーリは次ですね。
コンサバなマシンで挑んだ今年、伸び代がいかほどか心配ですので、ここでは並ぶくらいには来てほしいんですが。

しかしマッサ・・・
彼は今年ピレリタイヤに変わって、逆襲を期待していたのですが、あんだけクルクル回っていてはと思ってしまいます。
このままではアロンソはタイトル争いに踏ん張れても、マッサは全くの蚊帳の外になりそうで。
奇跡的なピレリタイヤへの理解を期待したいです。
ホント、すがりたい気持ちです。



さらには可夢偉君が所属するザウバー。
いや~、速かったですね。
今年は素晴らしいスタートだと思います。

昨年のバーレーンで跳ねまくっているマシンを見て絶望したのが懐かしい。(笑)
しかも昨年思いっきり弱点だったトップスピードも劇的に改善されていますし。
今回はとにかくいけるとこまでということで、予選ではソフトタイヤを惜しげもなく投入し、Q3では新品のソフトタイヤが無くなってしまい9番手となりましたが、今後はその辺のタイヤの使い方も考えていけるでしょう。
Q3進出は毎戦狙える戦闘力はありそうなので、本当に楽しみです。

とはいえ、せっかくいきなりW入賞したのにリアウィングが規格違反で失格・・・
大きすぎる10ポイントが無くなってしまいました。
痛すぎるのは当然です。
ですが、

速さはあるんです。
すぐに次戦で取り返しくれることでしょう。
今年もザウバーチームはドライバーが二人とも安定感がある感じですので、確実にポイントを重ねていってくれる可能性大だと思っておりますよ!

あと、可夢偉君がいきなり1ストップ作戦を成功させたペレス君の後塵を拝した形になりましたが、全然大丈夫でしょう。
可夢偉君は決勝ではシームレスギアが使えなかったとのことですからね。
しかも金曜日のフリー走行ではマシンの評価ばかりで、全然自分のセッティングをやらせてもらえなかった。

可夢偉君はまだまだ高いレベルで戦っていると思います。
それらを総合的に考えると、タイヤに優しいマシンだということも解りましたし、このマシンでの予選の進め方も把握できたでしょう。
ザウバーのエースに指名された期待に応えるだけの仕事は充分出来る能力はあるなと、贔屓目抜きでも思えます。
私は結構自信満々でそう思ってるんですがねぇ。

もちろん、ペレス君も非常に良いドライバーだと思います。
特に第2スティントのペースは並の新人のものではなかったでしょう。
彼も経験を積んでの伸び代は大きいと思いますが、可夢偉君も成長が凄くて、ちょっと鳥肌立ちましたからねぇ。
特に予選で。
とにかく、二人で切磋琢磨していってほしいですね!


次のマレーシアGPで、天気がまともなら大体の戦力差が計れると思いますが、あいにく雨予報が続いてます。
あ~、晴れて欲しいですね。


blogram投票ボタン

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ