このごろの下島八段と大表三段と長徳三段

「へいちゃん」こと下島陽平八段と富山県出身の大表拓都三段、長徳徹志三段の活躍や富山の囲碁ニュースをお知らせします♪

富山文化センター囲碁大会

2017年04月08日 | 大会
3月12日、へいちゃん先生をお招きして、囲碁教室で習っている方々の囲碁大会が行われた。

参加者はAクラス(1級〜有段)13名、Bクラス(2級以下9名)計22名。





今回は、先生にも、リーグ戦に入ってもらう形で、それぞれ5回戦を戦った。先生は9段格、ということは1級と9子局
それ以下の級の方とは1級差10目のコミをプラスした。最も低い方は7級なので、手合いは9子局+コミ60目もらいだ。どちらが勝ったのでしょうね^^




 

「なるべく多くの方と対局したいと思います」の挨拶で始まった大会も
9時半〜16時頃まで、終わってみると、先生は22名全員と対局されていた







「僕を褒めてください」とへいちゃん先生。それにしてもお見事
終局後には、それぞれワンポイントの指摘は欠かされないし、勝率は、強きをくじき弱気を助ける精神で、3割ほどだったらしい。
みなさんから慕われる所以である。







昼食休憩時には、大盤解説をお願いした。選んだ棋譜は、大澤健朗三段対大表拓都初段(おかげ杯予選から)
大澤さんは、当地には何度も指導(昨年は当教室での指導あり)に来ていただいており
みなさんも良くご存じ、そして大表君とも小さい頃から、対局その他、交流がある。大表君の恩返しなるか、との興味ある1局だった。


 

わかりやすい解説も終わり、大表君の話題になった。

「先生から、ご覧になって、大表君の実力はいかがですか」

「他の有望な若手とそう差はないと思います」

昨年は、10勝5敗。今年は、ここまで6勝1敗、順調な成績だ。

「竜平君や虎丸君とはどうですか」

「そんなに変わらないと思います」

「今、一番打ててる若手の一力君とはいかがですか」

「そんなにそん色はない、変わらないところまで来てると思いますよ」


 

へいちゃん先生は、大表君が、ジュニアの頃から「全国優勝出来る力はある」とたびたび指摘されてきた
そして大表君もその期待に応えるかのように、中学生、高校生、そして社会人(朝日アマ名人)で、優勝を積み重ねてきた。
そして、今も、「有望な若手たちとそう変わらないところまで来てるのではないか、あとは本人の努力次第」とのこと。
それが証拠に、この後の予選決勝で、本木克弥7段に勝ち、本戦入りを決めた。広島アルミ杯での雪辱をしたのだ。
棋士の一番の良薬は何と言っても勝利だろう。一度でも勝てば、自信になり、そのあとの対局は五分と五分だ、もう臆することはなくなる。


 

「そうですか。ではみなさん、大表君が史上初めて富山にタイトルを持ってくる日も、そう遠くないかもしれません。楽しみにしてましょうね」

「先生、今日はありがとうございました」

ほんとに、へいちゃん先生は、稀有な棋士、日本碁界にとっても大切な棋士だと思う。
それぞれオンリーワンの棋士として、対局や普及面でも、これからも光り輝く存在であってほしいと願っている。


記事&写真 風
コメント   この記事についてブログを書く
« 2017年 富山県囲碁連合会総会 | トップ | 第27回 富山県囲碁級位者大会   »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大会」カテゴリの最新記事