このごろの下島八段と大表三段と長徳三段

「へいちゃん」こと下島陽平八段と富山県出身の大表拓都三段、長徳徹志三段の活躍や富山の囲碁ニュースをお知らせします♪

第27回 富山県囲碁級位者大会  

2017年04月08日 | 大会
3/19(日)富山県に春を告げる囲碁級位者大会が富山県民会館で開催されました
富山県内から級位者約60名が参加しました。

またへいちゃんもはるばる名古屋から東海北陸自動車道を経由して富山まで約300kmの道のりを経て会いにきてくれました
 


廣田会長「今年で27回目。第1回大会はボルファート富山で,参加者約150名,全員年配の方でした。今では半数以上が子供たち,時代の流れを感じます。」

 



へいちゃん「第4回WBC(ワールドベースボールクラシック)で日本代表チームが快進撃中。
      この大会は,各予選リーグの後,4人が各決勝トーナメントを戦うのでWBCと同じシステム。
      強い人の大会は勝負に厳しい雰囲気があるけれど,この大会は和やかな雰囲気で一番好きな大会です。」




開会式の後は上は無差別、下は入門クラスまでの6クラスに分かれて対局が開始しました。



無差別・Bクラス リーグ戦




Aクラス




B・Cクラス





Dクラス




富山県自慢の丁寧な指導碁




日本一やさしい廣田会長の入門教室



へいちゃん五面打ち指導碁 今回もほぼ全員の子供たちと打ってくれました







昼休みにはへいちゃんの囲碁解説がありました 棋譜は、人工知能Master 対 朴九段から。(少し難しいかな。)
解説の間中、子供達からへいちゃんに質問がいっぱい飛び出します


Q1 尊敬する先輩は?
A1 「小林覚先生。囲碁が強く,人柄も見習いたい。囲碁の普及にも情熱的に取り組んでおられる」

Q2 強くなるにはどうしたらいいですか?
A2 「いっぱい対局すること。子供たちが詰碁をやっても続けるのが大変。楽しく実戦を重ねるのが一番だと思います。」
  
Q3 今までどれくらい負けましたか?
A3 「ロになってから対局で500勝300敗くらい。指導で富山の子供たちに勝ち星をいっぱいプレゼントしているので10000敗くらいかな



そのあとはへいちゃんと子供達と連碁で楽しみ、最後は恒例のじゃんけん大会






谷川峻君、ジャンケン大会で碁盤・碁石を獲得。満面の笑み



全国でも珍しい、級位者にスポットを当てた大会。 みんな楽しんでくれました 今後も続けていきたいですね


[大会成績]
■無差別クラス
 優勝 森本 悠歩
 2位 安達 健作
 3位 加藤 惇
 4位 嵯峨 愛
■Aクラス
 優勝 永田 大和
 2位 本林 光男
 3位 西田 光弘
 4位 米田 有佑
■Bクラス
 優勝 前 景陽
 2位 田中 真仁
 3位 山田 湘太
 4位 橋本 彩芽
■Cクラス
 優勝 森 隆生
 2位 大山遥暉
 3位 中田 眞歌
 4位 村椿 大輔
■Dクラス(全員でリーグ戦)
 優勝 奥村 稟央
 2位 米田 桜 
 3位 山崎 ひなた
 4位 宮寺 奏和子
■Eクラス(入門クラス)
 優勝 谷川 峻



記事写真 嫁さんの気性を予報できない「気象予報士」
編集   hide
コメント   この記事についてブログを書く
« 富山文化センター囲碁大会 | トップ | 拓都君 おかげ杯本戦、阿含... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大会」カテゴリの最新記事