吉敷(よしき)川だより

山口盆地を小さく貫く吉敷川、そのほとりに住まい、キノコや花を求め、山野を彷徨っています。移ろいゆく自然に心を重ねながら。

オリーブシワチチタケ(仮)

2018-04-20 | Weblog
 この15日に発生を確認した、オリーブシワチチタケの生長を見に行く。もう3度目である。

 野や山は、季節の変化をいよいよあらわにし、街路樹のケヤキの葉も萌葱色に輝いて、命の春をうたっているかのよう・・・。
 わたしたちも命ある今を愛おしみつつ、徳地の森へ分け入る。

 オリーブシワチチタケ(仮)はほとんど生長していない。多いときは足の踏み場もないほど出るのだが、前回偶然見つけた2本と併せて、小さいのが4本、これ以上生長は見込めないので、カメラに収め、採取する。

 東南アジアあたりからの渡り鳥も既に来ていて、軽やかに「月日星ほいほい」と鳴いている。ただ、森は乾いていて、きのこは望めない。次の雨を待ちたい。

 昼食を済ませて、クール宅急便できのこを二箇所に発送する。明日には届くという、少しほっとする。

 午後は、書斎の整理をする。デスクトップ用の机のいいのが(安いのが)あったので、古いのを捨て、据え付ければ、部屋の雰囲気ともぴったり。
 ついでに、配置換えや、いらないものを整理をしたら、見違えるように良くなった。
 監督も手伝い、太鼓判である。

 人生いよいよ100年時代、後22年と半年。
 さて、今年も一層きのこ行脚に精を出すぞ、と思うのであった。
  「今日のきのこ」
  
  オリーブシワチチタケ 傘径2.5cmほど。半透明の乳液はたちまち黄色になる。乳の味は全く無味である。写真が悪い、絞り優先が
  シャッター速度優先になっていて、できあがりはこの案配。時々こうしたミスを犯す。
  
  同上 ヒダや柄の様子。
  
  同上 別菌。傘径1cmちょっと。
  
  同上 ヒダや柄の様子。
コメント (2)