波乱の海をぶじ目的地へ

現世は激しく変動しています。何があるか判りませんが、どうあろうと、そんな日々を貧しい言葉でなりと綴っていけたらと思います

祈る水鳥

2015-02-23 21:43:03 | ポエム



祈る水鳥



川面に幾千幾万の銀貨を敷き詰め

朝日が輝きはじめる

小川には岩が頭を出している

岩の上には水鳥がのり

朝日に向かって

いくどもいくども頭を下げている

なぜか自分にないものを

グッと衝かれたようで

私は不安になる

肌に当たる飛沫は

刺されるばかりに冷たい



近づいて見ると

鳥はお辞儀をしているのではない

岩山から流れに嘴を入れて

水を飲んでいた

私はほっとし

水鳥が祈るようになったら

おしまいだ

と安堵の息をつく

だが かりそめにも

祈っているように見えたことが

痛みとなって

ずきずき我がうちに広がりはじめる



   ☆




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 猫やなぎ | トップ | その日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポエム」カテゴリの最新記事