波乱の海をぶじ目的地へ

現世は激しく変動しています。何があるか判りませんが、どうあろうと、そんな日々を貧しい言葉でなりと綴っていけたらと思います

光の中に消える

2015-02-11 17:21:25 | 散文



   ☆



光の中に消える


 彼女を手放すことが、僕の心に何をもたらすかは分かっていた。それでも、
「天国で会おうね」
 と言うしかなかった。
 ―神の愛は冷たくて嫌い―
 との一点張りで、背を向け、肩で息をしはじめた彼女を、繋ぎとめる手立てがあっただろうか。
 ―誰よりも私を愛するか―
 とペテロに迫ったキリストの写真を前に、
 ―キリストを離れて、私に来い―
 と言ってきかない彼女なのだから。
 洗礼を受けて十年も祈りを欠かさない僕に向かって、美しい瞳をぱしぱしっと開閉させ、
―キリストよりも、誰よりも、私を愛せ―
 と言って譲らない彼女なのだ。
 彼女の目許の愛らしさや、フランス人形のような肌の色に魅せられていたから、
 ―愛しているさ、誰よりも―
 と言ってしまった。そうして教会へ行く仕度をはじめた。
 ―私を愛しているんなら、教会に行かないで―
 ―だから土曜日から今まで、こうして付き合ったじゃないか―
 今日は祈りが充てられているので、ネクタイを締め、祈りの文案を考えながら言った。
 ―あなたが教会に行くんなら、私はもう会わないわ―
 彼女はバックを手にして立ち上がるなり、そう言った。
 僕はまんまと当てが外れたと、苦い思いを噛み締めていた。
 なんとなれば、どうしても教会に行くと言えば、彼女もついて来るのではないかと期待していたからだ。祈りの文案には、
 …はじめて教会を訪れた方のうえに、神様が御手を触れて、繋ぎ止めてくださいますように… 
 と彼女のための祈りも用意していた。


 僕は二階の窓を開けて、アパートの外に出た彼女に、
「天国で会おうね」
 と声を投げかけるしかなかった。彼女はこちらを振り返って、
「あなたの天国とは違うと思うけど。神はキリストだけじゃないから」
 そう言って、彼女のほかにはこの世に存在するとは思えない、とっておきの妖美なウインクを置き土産にして、くるりと背を向けると小走りになって行った。
 そのウインクが意図的なものか、無意識に出るのかは定かでない。
 とはいえ僕は二年前、初対面の彼女の瞳に籠められたその一撃に、胸の臓腑をえぐられて恋に堕ちたのである。
「いつまでも、ウインクが武器になると思ったら、大間違いだぞ!」
 遠ざかる彼女の背に、力いっぱい声を送った。しかし、届いたかどうかは怪しいものだ。大通りを行き交う車のフロントガラスや屋根に、朝の光が反照して眩しく、さんざめく音と光の洪水の中に、既に彼女は姿を消してしまっていた。
                 了

          ☆



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



短編小説 ブログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 野の鹿 | トップ | 樫の実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散文」カテゴリの最新記事