島の医者になって、た頃もあった

70代男の日記風ブログです。新連載「京都へ、京都から」も始めました。

鞍馬街道1.

2023-12-03 | 京都へ、京都から

 さてさてブログ再開をしてみましたが、窓から見るこの景色ぐらいしか材料が有りません。

家内はまだ目が離せませんので、当分取材旅も不可能、近くのしょうもない話でもしていこうかと思ってます。

 しばらくは場つなぎに、今年の夏ぐらいから準備しだして、家内が入院中の10月に行った、「京都へ、京都から」シリーズの鞍馬街道編をお楽しみください。

天皇陵巡りよりは、いろんな写真が楽しめると思いますが、又独りよがりにならないよう、注意しながら出発進行!

 いよいよ始めます「京都へ、京都から」、まあ京都から五畿七道(ゴキシチドウ)に通じる街道を、京都市内中心の出入り口から出発して、ちょこっとだけ歩くと言うことです。

それより先は、私の命や元気が続いたり、状況が許せば、延ばしていこうと考えています(例えば東海道をそのままお江戸まで歩くとか)。

丁度いい目印として、この地図のように、豊臣秀吉が造った京都をぐるっと囲む「お土居」とその出入口(京の七口)が有りますので、これを出発点にしたいと思います。

 まずは清蔵口・鞍馬口を起点にする鞍馬街道、これが自宅からも近いので行ってみました。

 「京の古道を歩く・増田潔」から無断でコピーした地図に青印をつけてます。

鞍馬街道には東街道と西街道があって、二軒茶屋で合流し北へ向かい、鞍馬寺へと向かってるようです。

 先ずは左下青〇印の清蔵口から鞍馬口・出雲路口を出て北に向かう東街道を行きます。

 ここは南北の通り堀川通りと斜めに交差する紫明通り(シメイドオリ、昔は松ヶ崎疎水の延長の川が流れていたので、京都の通りにしては珍しくくねくね蛇行していて、年末の全国高校駅伝中継ではいつもアナウンサーが「カーブを上手に利用して走っています・・・」と言ってる紫明通りです)、ここに接線のように鞍馬口通りが並んでくる場所です。

 写真を見て、また懲りずに天皇陵巡りか、と思われた方もおられると思いますが、ここにはたまたまですが、昔々紹介した後花園天皇火葬塚も有りました。

 もう退屈された方もおられると思いますので、1回目はこの辺で。


コメント (8)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ご無沙汰しました | トップ | 鞍馬街道2. »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (花水木)
2023-12-03 12:33:26
鞍馬と聞くと、私達年代では、鞍馬天狗👺が直ぐに浮かびます。
大村崑さんのとんま天狗もテレビで人気でしたね。
大河ドラマのどうする家康で二条城等は観光客で賑わって居るでしょうね。
先生宅からは近場でも、私は、このシリーズ楽しみです。
花水木さんへ (島の医者になって)
2023-12-03 13:30:06
 鞍馬天狗は私の好きな東千代之介でしたね。
姓はオロナイン・名は軟膏
 あだ名は大好き~ われらの仲あ間
とんとん頓馬の天狗さん
  今でも歌えます。
Unknown (Toitenlabee)
2023-12-03 19:24:05
なんたら口が、そういう意味だとは、全然知りませんでした。
楽しみにしています。天皇陵巡りよりは、歴史が苦手な私にとって、内容が簡単なことを期待しています。笑
Toitenlaさんへ (島の医者になって)
2023-12-04 07:33:43
 そう意味なんですよ、へらず口さん。
続けられたら南の方も行きますよ。
Unknown (Toitenlabee)
2023-12-04 17:01:10
京都のへらずグチと言えば、言わずと知れた
センセーでしょうが!笑

アテクシなんぞ、かわい〜もんです。笑
Toitenlaさんへ (島の医者になって)
2023-12-04 20:23:36
 お互いへらずぐち同士、何もなくても口だけで生きていきましょう。
 目くそ鼻くそを笑うでした。
Unknown (Toitenlabee)
2023-12-05 17:18:04
本日、ちょっと前にセンセーが会われたTさんと、お会いしましたよ!あっちのほうの.Tさんでしたか!笑
Toitenlaさんへ3. (島の医者になって、)
2023-12-05 20:50:12
 滝〇さんのことですか?
皆であって、Tさんはこれしか思いつきません。

コメントを投稿

京都へ、京都から」カテゴリの最新記事