天井桟敷の人々の末裔

戦前回帰中の世の中を心配(おもう)ブログ

2017年6月15日を忘れない

2017-06-15 23:33:59 | 政治
2017年6月15日、今日の参議院での中間報告という手法を使い
委員会採決をすっ飛ばし、本会議での採決。
しかも、牛歩戦術をした福島みず穂議員らの投票を無効とした伊達忠一議長。
絶対に忘れない。
国会を何だと思っているのか。
議長の権限は何に基づいているのか?
衆議院規則(第155条の2)にはあるが、参議院規則にはない。
法律に基づかないのに、議長が無権限であるにも関わらず制限したのだ。
法律違反だ。

そもそも、共謀罪が必要とされる根拠が全くのでたらめでしかない。
国連のパレルモ条約はマフィアの犯罪防止のための条約でしかない。
そんな条約を根拠に共謀罪を成立させたこの国の国会議員
自民党、公明党、維新の会
こいつらは絶対に許してはならない。
次の選挙まで時間があるから、愚かな国民は忘れるだろうと
高をくくっているのだ。

国民よ、1925年に治安維持法が普通選挙と抱き合わせに成立した当時の
政府の説明は一般市民が対象となることはないだった。

しかし、事実はどうだったか!
歴史を見れば明らかだ。
警察、特高警察が目を付ければ逮捕・勾留、拷問のし放題。
罪に問われなくても、逮捕されるだけで、職を失い、禄を失い
生活ができない。
そのために、何も言えなくなる。そして行き着く先はあの戦争だ。
そして、ようよう敗戦を迎えてもこのような事態を招いた張本人たちは
自らの責任逃れに終始したのだ。

戦後そいつらの生き残りが国会議員となってまた同じことを繰り返す。
日本人よ本当にこれでいいのか?
自問自答したことはないのか?

今日のテレビの街頭インタビューで子連れの夫(30前後か)が
自分達には関係がないからと答えていた。

関係がないわけないだろう。
権力者に対して一切の批判的発言ができなくなるのだから。

抱いている子供がかわいくないのかと思わずツッコミたくなる。
それにしても奴隷根性が染みついたこの国民性

外圧でしか変われないこの国はどうしようもないのかな!
日本は先進7か国から除外されるべきだろう。

民主主義を放棄したに等しい法律を民主主義
の手続きをすっ飛ばしたのだから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 選任権者は安倍 | トップ | 国会の場で、証人として発言... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事