静夜思

愁多酒雖少 酒傾愁不来

NHK経営委員:百田氏が再任辞退 再三の問題発言で   ≪ ようやく 常識が甦った! ≫

2015-01-31 09:15:11 | 演芸批評
  今朝は「暁星」ではなく、敢えて <演芸>批評として同氏再任辞退の報道を扱う。 
   <永遠のゼロ>等、国粋ムード高揚に一役買い、首相官邸の覚え目出度きを得て図に乗ったパフォーマンスゆえ<演芸>というのだ。 流石に首相側近も、かばいきれなくなったようだ。 彼のあざとさに眉をしかめてこられた方は少なくあるまい。 去る8月、福岡県の大刀洗特攻記念館を訪ねたが、百田某が来館し一席ぶって帰ったと知り、何ともいえぬ嫌悪感を感じたものだ。
  <百田氏は2013年11月、前任者の残り任期を引き継ぐ形で就任。この間、昨年2月には東京都知事選の街頭演説で、南京大虐殺はなかったとの持論を展開。応援している候補以外の候補について「人間のクズみたいなやつ」と発言したほか、同年9月には死去した社民党元党首の土井たか子元衆院議長について、短文投稿サイト・ツイッターで「売国奴」などと表現するなど問題発言を繰り返してきた>。  

 籾井会長といい、何故このような人物が推薦され、選ばれるのか?  政府出資の放送組織だから与党の色に近い委員で当たり前だとばかり、人事権があれば何でも許されると首相は思っているのか? 若しそうなら議院内閣制の穿き違えであり、百田某の浅はかさと同じレベルの軽さでしかない。
コメント

大鵬夫人 “審判批判問題” 「なんとなく残念」   外国人力士には日本美学が踏み絵か?

2015-01-30 21:00:30 | つぶやき
  大鵬さんは1969年春場所に連勝が45でストップ。その際、ビデオで見ると相手の足が先に出ていたことを伝えられたが、「横綱がそういう相撲を取ったのが悪い」
と言ったとされる。現役時代の夫について芳子夫人は「自分(の相撲)が悪いと思われても仕方ない」との理由で勝負判定に不満を述べることなどは皆無だったことを明かした。  
  ・・・・・見事に麗しい完璧主義であり≪横綱精神の鑑≫ということだろう。  潔い、惚れ惚れしますね。← これを「品格」と呼びたいのでしょう。
  この日、白鵬は午前中に宮城野部屋に姿を現したものの無言を貫いて夕方に帰宅。審判部批判という“品格なき”騒動を収めるには自ら反省の意を示すしかない状況だが、
  一向に口を開こうとする様子はない。

* 前の投稿でも触れたが、本件は象徴的な文化摩擦である。大鵬夫人の言葉は、北の湖理事長や横審委員長氏と同じく、純日本的価値観/美学に則るもの。 
    この方々から発せられる言葉/批評として極めて自然だ。
* 問題は、白鵬の沈黙だ。・・・謝罪をする気がなさそうなところを類推すると、その沈黙が「勝てばいいんだろう、勝てば文句は無いんだろう」式の単細胞頭からでないことは
  読めるので、彼が納得しがたい文化摩擦を看過し<興行ビジネスとしての大相撲>観を捨てられるか? の葛藤だろう。 大鵬夫人の言葉は云われる前からわかっていたのだ。

 凡そ、アマチュアだけでなくプロスポーツでも、日本人は自己犠牲を忍ぶ「~道」が伴わねば好きでない。理屈ではなく、気持ち好くない。 金銭のために体を張る賤業意識の残渣が付きまとう「うしろめたさ」を否定したい反動ゆえの高邁な価値観/美学が、今も棄てられない文化集団なのだ。 それは外国人の思う<フェアネス>や<Profession = 職業観>とは相いれない。  とりわけ、神道がかった祭祀に由来することを誇りの源にする<すもう>讃美派には、非日本文化的価値観を受容する余地は一切ない。

  相撲の故事や歴史をよく勉強したと褒められる白鵬。日本人と結婚し、ゆくゆくは帰化も期待される人だが、この日本的美学を納得して身につけられるか??
コメント

「戦後70年談話」は必要か     安倍首相が「村山」修正の構え?  まさか?

2015-01-29 20:46:00 | 時評
公明党の山口那津男代表は25日に出演したNHK総合の「日曜討論」で、安倍首相にクギを刺した。キーワードとは、戦後50年の村山富市首相談話で使われた
▽植民地支配と侵略▽アジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた▽痛切な反省▽心からのおわび−−などを指す。
 歴代の内閣が継承し 戦後60年の小泉純一郎首相談話でも使われている。しかし安倍首相は同番組で、自らが出そうとしている70年談話でも同じようにするかと問われ、
 「そういうことではない」と語ったのだ。
   昨日も此のコラムで触れたが、安倍氏の度し難い頑なさ、これはいったい何処から来るのだろう? 私には想像する手がかりだに無く、恰も狂人と相対しているかの錯覚さえ
覚えるのだ。。 毎日コラム子の想定するごとく、敢えて否定的立場を称揚することの効果が1点突破になる、とでも信じているのか? 
 偉大だった祖父/父を越え、歴史に名を遺したい一心の、彼なりの男一匹人生ギャンブルなのか? そんなギャンブルに俺たちは付き合ってるの?
  
  いや待てよ。凡人が考え及びもつかぬ深謀遠慮を安倍氏が巡らせている? 当人は国益のため其の深謀遠慮は語りたくても語れない? 本当に??
  これまでの言動から判断する限り、私には仮に安倍氏の狙いがそうだとしても、そうは映らない。では「国家機密だから今は言えない」のセリフに値する知恵・狡猾さを
 彼が備えているか??  皆さん、安倍氏の頭脳にそこまでの知恵深さ・深謀遠慮があると直感しますか?

 談話なんて出さない方がマシじゃないの?  なんて後ろ向きの妥協策まで早々と出るようじゃ、もう何も語らないのがベターと消去法で残ったの?  何だ、そりゃ! 
  駄目だよ、諦めちゃ。 理非曲直は云い続けないと、黙ったら権力を持つ方が結局勝つのだから・・・・。
コメント

★ 太白  2015.01.29       < 日本は 人質奪還作戦はしない/できない > 自民党副総裁が断言

2015-01-29 17:10:24 | つぶやき
  ★  「イスラム国」:日本人拘束 高村氏「有志連合参加、できない」  http://mainichi.jp/shimen/news/20150129ddm005030056000c.html

   高村副総裁が28日<「安全保障法制が整備されたら、日本が有志連合に参加してISと戦闘できるかといえば、できない」と記者団に述べ、戦闘任務のための
   自衛隊派遣は不可能との認識を示した。> これは重要な発言である。
  ・ 集団的自衛権行使に関する昨年7月の閣議決定は「日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」など
    3要件のもとで武力行使を認めたが、高村氏はISとの戦闘行為は「(3要件には)当たらない」と明言した。
  
  弁護士出身である高村氏の解釈は極めて明瞭だ。 どこかの国や戦争映画のように特殊部隊が潜入して拘束された人質を救出すことは<法治国家として>しない・できないと
  クリアーに云っているのだ。    人質の母親にはお気の毒だが、これが正しい立憲政治の筋である。 皆さん、ようく 覚えておこう!
コメント

☆ 2015.01.29   ≪ 殺人が最大の時間つぶしに? ≫   ≪ 精神を病む人をどう裁くか? ≫

2015-01-29 11:52:01 | つぶやき
  ☆  女性殺害:「ついにやった」女子名大生ツイッターに   http://mainichi.jp/select/news/20150128k0000m040122000c.html

  ・ どういう生い立ちと育てられ方がこのような子供を創るのか? この種の事件が目につく社会に変わり始めて以来つづく疑問だ。原因には様々な事由が挙げられるし、
    多分どれも誤ってはいないのだろう・・・ネット社会と劇場型人生。都市化と<自分も含めた命の自覚>からの乖離。共同体・血縁の喪失などなど・・・。
    部分的には正しいが、巨視的に収斂されるのは、その親を育てた社会の変質に落ち着く。だとすれば、修正する道は無いのだろうか? 
    だからといって「道徳教育」が救いの路、などとうそぶくお目出度い人の無邪気さえ、この事件の前では 吹き飛んでしまう。

  ☆  ニュース解説:性犯罪の罰則、有効なのは専門治療   http://mainichi.jp/shimen/news/20150129ddm004070033000c.html

   ・ 性犯罪を繰り返し犯す人にみられる精神障害の場合、刑務所等の施設内治療は有効ではなく、「施設内処遇」から「社会内治療」へ重点を移すべきである、との趣旨だ。
  なるほど、性的嗜好の特殊さが原因となって引き起こす犯罪の場合は、社会の中での治療がより有効であるとの主張は理屈にあっており、否定しがたい。
  その一方で、上の殺人例にみられる種類の”家庭環境要因が主と観察される原因が犯罪を犯すまでの精神障害”を形成し、犯罪行為を実際に犯した結果、<精神耗弱>と
  疑われ、精神鑑定のすえに無罪または軽い量刑になり得る、この現象が多発してきた。  遺族はここに言いようのない怒りと怨みを残す。 日本で死刑廃止論が諸外国とは
  異なり全く盛り上がらず、今も支持する人口が減らない遠因かもしれない。いや、仮釈放の無い終身刑を精神障害者に適用しても、死刑支持は減らないだろうと思うが・・・。
 
  一般的な精神障害者の場合は医療刑務所と呼ばれる施設での治療を受けるようだが、性的犯罪の場合における<ものの見方のゆがみを修正し、不適切な行動を
  起こすのを回避するための心理療法「認知行動療法」と、性欲を減退させるホルモン剤などを用いた薬物療法>の併用ほど効果は上がらないのか? 
  短い記事ゆえわかりにくいが、ここで私はいつも「精神障害をどう裁くか? 裁かないというのは罪がないことなのか?」  この重い問いに押しつぶされている。 
コメント