マルキュー藤田の釣日記

熱い釣りの記録や思いをお伝えします

日研いわき支部 3月例会 幸手園 3月27日

2016-03-28 19:54:23 | 釣行記
アカシアともみじ桟橋を使用して行われた。

前日から泊まりがけの会員の情報が少しだけ漏れてきた。それによると、どうも魚が場所により偏っているらしい。しかし、朝のミーティングの際に状況を説明するように促しても、場所の情報は聞き出すことが出来なかった。唯一聞き出せたのは、前日まではアカシア桟橋突端寄りは使用禁止で入れなかったらしい。

昨年は、アカシア桟橋突端寄りでブッチギリだったので、出来れば突端寄りに入りたいと思いながら桟橋を進むと、立ち入り禁止のロープが外されている。これは幸いと、私を含めて4名が突端寄りに進んだが、他の会員は何故か中央寄りで止まってしまった。

8尺1mでスタート。桟橋中央よりはすぐに竿が立ちだしたが、何故か突端寄りは誰も全くアタリを出さない。1時間以上経過しても全く魚の気配が無く、我慢しきれず、根本君は偵察に行くと桟橋中央付近は世界が違うとのことで即座に移動してしまった。

私を含め3人はそのまま更に2時間ほど粘ったが、宙では全くウキは動かず、私と良実さんが段底で1枚ずつ釣っただけで即死状態。さすがにここで他の2人が移動を決行。私1人がポツンと桟橋突端寄りに取り残されてしまった。1mは全く動かず、チョーチンはオイカワ2尾だけ。段底は1枚釣ったものの、その後はコイの入れ食い。竿を4本も出したが、どうにもならない。魚が全くいないのだ。普段は立ち入り禁止にしているせいで、魚が居着いていないのかもしれない。

苦し紛れに、桟橋反対側の突端から2席目のタナを計ってみると、8尺一杯で底がとれる。すかさず、入れパクを夢見て移動し、8尺段底をやってみるといきなりコイの入れパクでここでも何ともならない状況。

10時半まで1枚のままで、トイレ休憩。桟橋中央では既に2フラシ目に入っており、1席ずつ空けて入っているので、「移動しても良いかな・・?」と声をかけると、会員(誰とは書きませんが3人です!)は嫌な顔をして振り返っただけで、誰1人返事をしない。とんでもない釣会に入ってしまったものだ・・(笑)。

仕方なく、元の場所に再び移動し、意を決して1mでマシンガンのようにエサを打ってみるが、魚の回遊はなく、ウキは何の変化も示さない。チョーチンも変化無く、再び11尺段底にすると、1投目から乗ってきた。既にお昼になってしまっていた。段底ではあたりっきりになり、ポツポツ釣れ出すと、何故かコイは全く釣れなくなってしまった。仕掛けが切れたので12尺に代え、段底からバランスに代えると早いアタリで釣れるようになり、あっという間に1フラシ終了。しかし、その後は魚が移動してしまったようで、マブの猛攻に変わってしまった。アタリを取るとマブがダブルで釣れるようになってしまった。最後の1時間半は1枚で撃沈。それでも終盤の劇的な追い込みにより4位に入った。しかし、トップの小野君はブッチギリ!年間成績で大きく水を開けられてしまった。挽回するのに苦労しそうだ。
コメント