地球散歩&花図鑑

カメラ片手に地球上を散歩しています.



サンシュユ<ミズキ科:落葉小高木>・・山茱萸

2017-02-28 09:33:08 | 植物:樹木


春ですねぇ~~
黄色い花が増えてきました。
外に出るとちょっと寒いけど、陽だまりはお昼寝できそうです。

コメント

東伊豆の旅:3日目

2017-02-27 07:53:51 | 散策:都内


ホテルの裏手のどんつく神社の守り神様は神輿になっている
男性のシンボルでした。



電車の中からは伊豆大島が綺麗に見えました。




天気は曇り時々晴れだったので、湯河原から箱根越えをやめて
湯河原で昼食にしました。10cm位で五連になっているエビ
と野菜の天ぷらを食べました。
お土産は守谷のあんパンです。ちょうどいい甘さのあんこが
たっぷりと入っていて、パン生地は薄めです。



小田原からなつかしいロマンスカーに乗りました。
まだ赤いロマンスカーが走っているのですね!

コメント

東伊豆の旅:2日目

2017-02-24 09:59:08 | 旅:国内
伊豆稲取~穏了寺~河津

若手のタクシーの運転手でナビを確認しながら穏了寺に向かいました。
穏了寺は山の中で道は細く、対向車が来たら大変と思っていた矢先、
大きなバスが山から下りてきました。たまたま車をよける場所が
あったので頭から突っ込みバスを通す事ができましたが、なかったら
どちらかがバックしなければならないでしょう!

 

穏了寺の裏手の山にある教育碑を見に行ってきました。叔父のお父様の碑です。
残念なことに碑は倒れて下に落ち、裏の文字は見えませんでした。

 

碑の前にはバス停があり1日4本河津行きがあります。

 

河津桜の原木です。大島桜と寒緋桜の自然交配のようです。

 

河津の峰温泉の方です。小さなメジロは元気でした。

 

海に近い新倉橋の側にあり、カッパ寺として有名です。
親戚のお墓があるのでお坊さんにお墓の位地を確認すると、
「古い檀家さんは山の中にあります。足場が悪いので
お堂の裏手にある位牌収納部屋からお参りしてください」
との事でした。お参りが終わって、外でお墓迄の道を確認すると、
急な石段があり、足を滑らせたら病院送りでしょう!


コメント

東伊豆の旅:1日目

2017-02-23 14:05:26 | 旅:国内


春の嵐の20日、電車が止まらないようにと祈りながらの出発でした。
海は白波が立っていました。



 



熱海始発の金目鯛電車の展望車(1両目)に稲取まで乗りました。
座席のカバーは金目鯛の織物で可愛らしかったです。



熱海駅出発前に、雨と風で前が見えないほどでした。



稲取の駅前には大きな石が置いてありました。
ここから江戸城に石を運んでいたそうです。

 





メイン会場①「むかい庵」
こちらの会場は古い雛飾がメインです。
五月の飾りや海のたこやイカ、魚などの吊りもありました。

 



メイン会場②「文化公園 雛の家」
一匹の金目鯛から2つとれる鯛が下がっていました。
昔から「縁起物」とされていたそうです。








コメント

ナノハナ<アブラナ科:    >・・菜の花

2017-02-22 08:36:12 | 植物:花


数年前までは花壇にたくさんのナノハナがあったのですが、
この頃はあまり見かけなくなりました。
ナバナ(菜花)は食用にする物をいうそうです。
コメント