マイタのブログ

新潟県新潟市西区鳥原2595-8 前田商店 TEL 025-377-6327・FAX 025-377-7981

全量佐渡米で酒造りしている酒蔵のお話し。

2019年11月07日 | 金鶴

 昨夜は出先で愉快な人たちの楽しいお話しを聞きながら一杯。ありがたいことに私が知る佐渡の人って皆 今を楽しむことに関して名人級の人ばかりですわ。見習わねばなりませんねぇ。







佐渡といえば、今月から気合を入れるためにおニューの前掛けにしたんでした。人さまに言うほどのことではありませんけども。

新しい前掛けは気分がいいものですよ。靴でもシャツでもそうですが、幼いころに新ものを買ってもらったときの喜びを思い出します。私は次男なので幼少時代は兄のお下がりが多かったのかな?全然記憶にありませんがもしかしたらそれが効いているのかも知れません。まぁそういうのが当たり前の時代でしたし、ものを大事にするという精神はいつの時代でも必要な心がまえだと思います。


ものを大事にするといえば、「金鶴」醸造元の加藤酒造店さんでは自社精米の利点を活かし、精米の仕方を工夫して「米を無駄なまでに削らない」方向で頑張っています。技術や機械の進歩により他所の酒蔵さんの中には「どこまで削れるか」の競争に必死になっているところがあるようですが、そっちは私には理解できない世界の出来事。ですから「金鶴」の挑戦を応援しております。加藤酒造店さんの試みはとても地味な努力ですが、派手なパフォーマンスよりもずっと価値のあることですから。皆さんからも応援していただけましたら幸いに存じます。




(2013/05/02 マイタのブログ 「技術の行方」)

https://blog.goo.ne.jp/1420165/s/%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AE%E8%A1%8C%E6%96%B9





それでは本日も日本酒で乾杯!


コメント   この記事についてブログを書く
« 知らなくても困らないかも知... | トップ | それは秋の色ですよ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

金鶴」カテゴリの最新記事