十三峠マニアのブログ

3月21日は布目湖2時間耐久

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大阪30K

2012-10-27 21:47:08 | その他のスポーツ

●10月27日
今日はマラソン大会の大阪30Kへ行ってきました。
マラソン大会と言っても、走ったのではなく
スタッフとしてお手伝いしてきました。

今回のスタッフの役割は手荷物係や立哨などいろいろあるが、
私は給水所の係となりました。
スタッフ用の上着とキャップが支給される。
お弁当付きと聞いていたので、てっきりお昼だけかと思ったら
朝食用と昼食用の幕の内弁当2つ支給されました。お茶も2本。
めちゃ待遇ええ。

ワンボックスに乗って同じ給水係の5名と共に赤川の給水所へ向かう。
3kmほど走って給水所に到着。仕事開始です。
コップを並べる机を並べてから、トラックに積んであるミネラルウォーター
を皆で降ろして机のうしろに並べる。

そしてポリ製のコップに水を注いで机の上に並べていきます。
机は全部で10個ほどありましたが、全ての机の上にびっしりコップが
並びました。

レースのスタートまで1時半ぐらいあるので、さっきもらった弁当を
食べたり、ボーッとしました。

10時にスタート。3km地点なのでトップは10分ちょっとで
入ってくるだろう。
予想通り10分ちょっとでトップが給水所前を通過。
トップ3は水を取らなかったが、5番手以降は取って行く選手もいます。
やがて大集団が来た。みんな次々と水を取っいく。
なかなかすごい光景だったが、事前にだいぶ貯金を作っていたので
言うほどまだ忙しくない。
「給水でーす!」「がんばってくださーい」と声援を送りながら
仕事します。

とりあえず机の上の水が全部なくなってから机を往路から
反対側の復路へ移動。
ここから再び水の作り直し。せっせとコップに水を入れて行きます。
やがてトップが通過し、メイン集団も近づいてきます。
今回も貯金があるので、水を手渡しで渡したりします。
水の手渡しはロードレースで経験済みなので、
わりかしうまく渡せました。

このマラソン大会はペースメーカーも走っていて、
それぞれキロ6分とか6分半、7分とか、それぞれの目標タイムごとに
全部で5人ぐらいのペースメーカーがいたでしょうか。
そのペースメーカーの人に付いて大集団が形成されているので、
ペースメーカーが来た時には獅子てんや瀬戸わんや、
いや、ちゃう、忙しくて てんやわんや。
次々と水がなくなって、次々と水を注がなければならないので
思ったより忙しい。
知り合い捜して応援したろ思っていたが、その余裕もなかったです。

ペースメーカーが来ていない時はわりかし余裕があるのだが、
ペースメーカーの集団が来たら一気に水がなくなるという繰り返し。
気温も今日は高めでスタッフの私たちも暑いが、選手はもっと
暑いので、頭から水をかぶる人も多々見受けられました。

スタートから2時間経過し、選手もまばらになってきますが、
まだレースは終わった訳ではないので引き続き水を注いで
手渡しする作業を続けます。
最後のほうは水を作り過ぎてだいぶあまりました。 

最後尾の選手が通過して撤収作業。
ポリコップ、ペットボトルのゴミを中心に
でかいポリ袋10袋ぐらいのゴミが出ました。

ワンボックスで迎えにきてもらって本部へ戻ります。
本部へ帰ると、なぜか幕の内弁当もう1個支給されました(笑)
一日三食幕の内弁当は人生初です。

マラソンを見て自分もちょっとやりたいと思いました。
(思うだけですよ。思うだけ)
見ていておもしろい競技は実際やるとたいがいしんどいので。


スタッフ用のキャップとシャツ。
夜練で着ていったろ。





音と料理の店・ら
大阪市東心斎橋2-3-13 スターライトビル4階

私がよく出入りしている店。マスターがおちゃめです。 


東大阪のロードバイク・ショップ、ツーペダルのブログ

東大阪市東鴻池町1-6-30 イオンタウン東大阪1階 
 
コメント