産むことに迷う人、産みたい人、堕胎・水子供養のこと

産みたいけど迷っている人、水子さんの供養のこと、堕胎のこと、
命のサポーターとして、役立つ情報を載せています。

中絶手術で出てきた胎児ってそのあとどうなるんですか?

2019-02-14 10:33:32 | 妊娠・出産

中絶手術で出てきた胎児ってそのあとどうなるんですか?

 

yahoo知恵袋で質問されていて、

閲覧数は90929人。

 

 

回答1

医師の回答

産婦人科開業医ですが、お答えします。
大きく分けて3通りあります。
①妊娠12週未満
中絶は手術によって行われ、排出された妊娠成分と共に、出てきます。

たいていは身体がバラバラになって出てきますので、おそらく手術の最中に子宮内で死んでいると思われます。

まれに胎児の形を残したまま出てくることがありますが、出てくる時点で臍帯が切れていますから、

やはり出てきた時点では死んでいます。
埋葬はなされません。妊娠成分と共に、感染性廃棄物として業者が引き取っていきます。

うちでもそうしています。
②妊娠12週以降22週未満
中絶は小さな分娩の形で行われます。別名、中期中絶といいます。

胎児は、ほとんどヒトの形をして出てきますが、肺が全くの未成熟であり、

臍帯を切断した時点で酸素供給が途切れ、死んでしまいます。なので“泣く”ということはありえません。
この週数では埋葬が必要です。死産をした時点で担当医師が死産届を患者に交付し、

患者はそれを役所に提出しますと埋葬許可書を交付されます。埋葬しないと死体遺棄罪に問われます。
③妊娠22週以降
中絶はありえません。この週数での中絶は、実施した医師も受けた患者も罰せられます。

ただし子宮内胎児死亡が診断された場合には、死産分娩が行われます。この場合、産まれたあとは②と同じです。

 

**************

回答2

12週未満ならゴミと同じ扱いです。
それ以後は人間と認められて、きちんと埋葬しなきゃいけません。法律でそうなってます。

でもどんなに小さくても、命はゴミじゃないと思いますがね。

 

**************

 

中絶は手術によって行われ・・という医師の言葉ですが、

手術ではなく、胎児をピンセットのようなもので、頭と胴体を切り離し

手足バラバラにするもので、手術というものではありません。

察した胎児は、ママの子宮の中で、必至に逃げ回るのです。

 

何がタブーで、マスコミは口をつぐむのか。

中絶手術とはどのようなものなのかも、性教育の中に入れてほしい。

そして、本当に必要なことは、

「産む覚悟と気持ちが無いのなら、避妊をしっかりする。

その時に避妊用具がないのなら、SEX出来ないと思え。」

この言葉を子どもたち、特に男の子たちが、小学生から理解するべきです。

 

いつか、大熊先生のブログでご紹介されている、

胎児の術後、バラバラになった身体をご紹介しようと思います。

 

このお写真を見れば、意識を持って堕胎しようとする気持ちは

無くなると思います。

 

 

ただ、今読んでいます、漂流女子~妊娠SOS東京の現場から~

という本に、望まない妊娠をし、孤独の中にいる方々のお話が載っていて、

暗澹たる気持ちになっております。

 

女性が強いと言われる時代であっても、

このようなことになった時、泣くのは女性。

責任を取るのも、必至で育てるのも女性。

 

 

あらゆる角度から提言できる、知識を増やすことが必要のようです。

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 全国の妊娠・出産・育児を助... | トップ | 「いのちを守る親の会」電話... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

妊娠・出産」カテゴリの最新記事