水子供養と戒名のこと

時代とともに、お葬式の在り方、戒名の考え方にも色んな意見や変化があります。
水子供養のことなど、記事にしております。

人は、仕事に命をかけてくれている

2018-09-12 09:43:24 | 大切なこと
昨日、塾に遅刻しがちな次男が、塾からプリントをもらってきました。

塾の先生方が、考えてくれた企画の、「スタンプラリー」でした。



スタンプを押すようになっていて、

30分以上自習室を利用したら 1ポイント

兄弟・友達が次週に来たら   5ポイント



たまったら商品がもらえるというものでした。



その紙を、面白そうにわたしに見せた彼に、わたしはこう言いました。



「塾の先生方は、あの狭い教室の中で、みんなが成績を上がるように、日々考えているんだよ。

教室の中で、一日の大半を過ごすということは、

塾の中の時間、すなわち人生に、先生方は自分の命をかけているということなんだよ。

あんたは軽く考えているけど、先生方の人生において、邪魔とかチャチャ入れることをしちゃいけないよ。

あっちは真剣に仕事に人生をかけている。命をかけていることにもなる。わかったね。」



次男も、黙って聞いてました。



仕事すべて、人はその時間を過ごすということは、そこに命を使い、命をかけているわけです。

それが、他の人や、何かを支えていることであれば、命を使って人助けを、毎日しているわけです。

お金という報酬のために働いているとしても、その姿は美しいし、有難うという言葉しかありません。



あと10年もしないうちに、社会に出て行く子供たちに、

仕事ということの意義や重みを、教えていくのが親の務めだと、改めて思いました。



塾の先生、有難う。

今日も生きているすべての人へ、有難う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 足が痛い人でも、素晴らしい... | トップ | すべて吐き出したらすべてひ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大切なこと」カテゴリの最新記事