ゆみこの『邁歩如猫行』

街で見かけた猫のこと、太極拳・中国武術のこと、日々の雑感を気が向いたときに書き綴ります。

前の音

2018-08-02 00:29:19 | 詩吟
電子ピアノで音を出すような正確さは味気ない。吟歴3年。始めた頃から今に至るまで、いつも注意されることである。

前の音の存在を感じさせるような音を出すものだそうだ。ラの音を出すのも、ポンとラの音を出すのではなく、その前の句の終わりが低いミの音ならミを土台にしたラ、高いドの音ならドを土台にしたラを出すと言うことだ。

確かに人の体は電子ピアノなどとは違い、低いミの音で終わっていたら、体の形、喉や口の形もミの音を出した形になっている。そこからラの音を出すのと、体も、喉も、口の形も無いとこらから機械的にいきなりラの音を出すのとでは音を出すための前提条件が全く異なる。口から出るラの音も全く違う響きになる。

音と音は繋がり、詩吟も一旦動き出したら止まることがないもののように思える。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ヌンチャク | トップ | 向かいの病院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

詩吟」カテゴリの最新記事