ゆみこの『邁歩如猫行』

街で見かけた猫のこと、太極拳・中国武術のこと、日々の雑感を気が向いたときに書き綴ります。

弱虫の口実

2017-03-15 19:35:01 | 日記
絶対的に、普遍的に正しいことなどあるのだろうか。

それは正しいとか、それは間違っているなどと、物事や行為を評価するが、それはある人が決めた物差し、基準、法、あるいはある社会やある時代が定める価値観や倫理観に照らしてそれを逸脱しているか、いないかと言うだけのことなのかもしれない。

「こんなの間違っている」と動揺していたら、「そもそも絶対的に正しいことなどあるのだろうか。正しい、間違っているなどと評価すること自体、本来意味がない」とたしなめられた。

それはある意味達観した、真っ当な意見なのかもしれない。しかし同時に、自らの罪の意識から逃れるための弱虫の口実のようにも聞こえる。

この世に生きている以上、結局、人は自らが決めた法と秩序に多かれ少なかれ縛られ、翻弄されながら生きなければならないものなのだろう。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手をかけないと後退する | トップ | やる気になる春 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事