ゆみこの『邁歩如猫行』

街で見かけた猫のこと、太極拳・中国武術のこと、日々の雑感を気が向いたときに書き綴ります。

ゆっくり上げて、静かに下ろす

2018-05-27 22:39:49 | 日記
父が歩く後ろ姿を見ていた。両つま先が外を向き、ペタペタと歩く。膝は上がっておらず、転びそうになるのを辛うじて推進力に変換して前に進んでいるようだ。

膝が上がっていないことは本人も自覚しているのだが、高齢で足の筋力が衰え、つま先で地面を踏みしめて歩くのは体力的にきついようだ。

父は毎朝、体操とともにその場足踏みを100回やっていると言うが、リズミカルに軽くストン、ストンと足を下ろしては、床からの反動を利用して足を上げるだけで、筋肉への負荷は限定的。いわゆるインナーマッスルには響かない。そこで100回中10回だけでも足踏みに変化をつけて、ゆっくり上げて、静かに下ろすようにしてみたらと提案したのだが、最早採用する気はなさそうだ。

父も相当の高齢である。実際のところは、自己流でも、自己満足でも、怪我なく元気にこれまで通りの体操と運動を毎日続けてくれるだけでも十分に百点満点ではある。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 眠れぬ夜 | トップ | 蹴る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事