ゆみこの『邁歩如猫行』

街で見かけた猫のこと、太極拳・中国武術のこと、日々の雑感を気が向いたときに書き綴ります。

蹴る

2018-05-29 23:25:45 | 太極拳
大人になってからの手習いは理解するのに10倍かかり、体得するのは100倍かかる。

自宅で蹴りの練習をしていたら連れ合いから、それはサッカーの蹴り方だと言われる。腰で蹴ろとか、前に蹴ろとも言われる。ただ、その意味は謎のまま。大人の想像力は思ったよりも乏しい。

そこで空手の先生に解説を求めたら、サッカー蹴りとは足元のボールを蹴るような体の使い方。つまり打点が体の真下にあり、目の前の相手を蹴る動作になっていないと解説を受けた。明快である。

稽古場で私の横で蹴りの練習を繰り返すのは中学生。日が経つにつれ私との差が開くのは悔しくもあるが、同時に頼もしくもある。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ゆっくり上げて、静かに下ろす | トップ | 失われた数十年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

太極拳」カテゴリの最新記事