アサギマダラの迷足譜

園芸・三次北部の自然・囲碁などの趣味についてのグチのページです。コメント遠慮なくお願いします。リンクもよろしく

イノシシがスモモの木の下を掘り上げる

2016年12月13日 | 三次北部の自然

栗林のとなりに、ほとんど食べれないスモモの木を6本くらい植えています。昼にみると、1本の株元をイノシシが掘っていました。深さ50cm、周囲1mにもなるでしょうか。よくもまあここまで掘ったものだわいと思ったほどです。おそらくヤマノイモがあったのでしょう。

イノシシは何時間くらいで掘っていくのでしょうか。またヤマノイモを完全に掘るまで食べないのか、少し掘ってはたべるのか、動画があればみてみたいものです。

すごく心配なのは、すぐ隣にある、カンアオイ畑です。ここにもヤマノイモがたくさんあって、ムカゴがごろごろしています。ムカゴをひろって食べてくれるのは、いいのですが、おそらく、スモモと同じように掘り上げて周囲をむちゃくちゃにするでしょう。そうなっては、大変です。一応、サクはあるのですが、はいろうと思えば、すぐ破られそうです。

イノシシを飼育改良し、農園のサツマイモやジャガイモを掘ってくれる掘用獣にならないでしょうか。

           わがシシは イモ掘りベーブを めざすなり

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初氷 | トップ | ロウバイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

三次北部の自然」カテゴリの最新記事