信州スロウライフ12ヵ月

野菜や草花と暮らす生活

肩こりと決別

2009年04月25日 19時44分31秒 | Weblog
 ここは北海道ではないが、昨日の朝は気温、マイナス2度、犬の散歩の時手が悴んだ。
今日は朝から嵐になり、春の嵐であればまだ暖かいのであるが、ずっと温度は上がらず、今も4度しかない。
一日中ストーブを炊いている。

やっとのことで大掃除を終えた。
明後日からの入院で、一応気持ち的にはすっきりとして家を出たい。
手をつけ始めるときりがなく、黙っていても物は溜まるものだと、思い切りの引き算でごみの山を作った。

昨年のGWは新緑の中で子供達や姪たちも一緒に過ごしたが、今年は誰も傍にいない・・・・
1年先このように長い休暇が暇になるとは思わなんだ。


先月、飼い犬に手を噛まれ形成外科に受診した。
外科でも良かったが、荒っぽいからきれいに直すには形成よ~と言われて、たずねていった。

噛まれた手はひどかったが、医師は私の顔を見て、肩こりがひどいでしょうと占い師のように言った。

全くその通り、私は死因は肩こりとずっと思い続けている。
テストしましょうとまぶたを洗濯ばさみのようなものを着けられた。
おお~視野が明るいし、心なしか背中の重い荷物がすっきりしたようで、頭も軽くなった。

5分後・・・重症の眼瞼下睡症ですと診断された。
これは手術で治り、肩こりは術後すぐに取れてしまう。
お目目はパッチリとなる。

信州へ越してきて、生活が体に良かったのか体重が4㌔減った。
けれど、子供達からいつしか、やつれたとか、疲れてる?とか眠いの?と言われる顔になった。

ぱっちりの目だったはずなのに、やつれている・・・許せない自分の顔。
愛犬みるきいの目の方がずっと私より大きな目になってしまった。



気になっていたところ、信州大学の形成外科の教授が眼瞼下睡症
の手術を開発し有名であることを耳にした。
あの高畑敦子も手術したそうである。

老化のせいばかりでなく、女性に多く、信州大学出身の形成外科の美人の女医さんは私も含め医局員全員教授の餌食にされました、とおっしゃっりしみじみその美しいお顔を眺めてしまった。

犬に噛まれた傷を見てもらいに行ったが、今ならGWの頃手術が出来るといわれ予約して帰って来た。
今年のGWは誰も来ない。これはチャンスか!

という訳で入院し恐ろしいが手術する。

見返りに肩こりが無くなる・・・・。これは我慢をせねばなるまい。

という訳で暫くパソコンには向かえませんので、姿を消します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

へなちょこなり

2009年04月18日 23時09分43秒 | Weblog
車の新旧交代の日、すばらしい青空で雨にならずよかった~とまずは幸先が良い。
お世話になった愛車には、前日はしみじみと労いながら、きれいに掃除をして送り出して上げたかったが、現実は厳しく、残業をして残念無念。

正午に新しい車を受け取り、勝手が違う運転席で半分びくつきながら自宅へ帰った。

総ては後で取説を見ればよい。
ただし年々、脳みその老化は確実だから、3年前に買った時と訳が違う。
ナビ、オーディオ、全く様子が違い、これも後回し。

家に帰ったところ、今日のじゃがいもの植え付けの予定を思い出した。

車はいじっている暇はない。
気温はぐんぐん上がり、夏日の気温に咲いている花は梅の花。
ちぐはぐで気分が付いて行かないが、農作業の格好に着替え、畑へ出た。

先週石灰を播いてその後雨が降り、耕すには丁度良くなっている。
けれどここが問題で、1週間ご無沙汰して又耕す作業になると、筋肉が弱っている。
気持ちがくじけるが、ここで止める訳にはいかないので、イチローや真央ちゃんの根性を思い浮かべた。

折角1週間経って立ち直ったのに、またしても畝を作っていると、あいたたたの腰つきになっていく。

じゃがいもは今年はインカのひとみ、キタムラサキ、、きたあかり
アンディスなどを昨年より増やして植えつけた。

昨年はGWの時に植えつけて予想以上に豊作であったが、今年は急に暖かくなり、梅雨の影響はあるがどうなるか楽しみが増えた。

じゃがいもの植え付けが終わったら、頭が散漫になり、又もやいたるところで手を着けてはまとまらない仕事を続けた。

明日はそのお陰で家の外回りの整理をしなければならない破目になった。種も播かねばならない。

新しくやって来た車にはまだ近づけない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さらば、友よ

2009年04月16日 21時54分20秒 | Weblog
愛車との別れの日が残り一日に迫った。
明後日の午前中には、新顔と交換し、永遠の別れとなる。

明日は最後の通勤の往復をお仕事して、晴れ舞台を去っていくことになる。
3年前、セダンに乗っていたが、やがては移住して山道を走るし、荷物の出し入れが面倒だし、ワゴンのほうが便利だと、理由をつけてオヤジ車から若々しいスポーツタイプに変えた。
気のせいか乗っていると自分も若返ったような錯覚を受けた。

しかし都会でFFは普通だが、雪の影響がどのくらいかまでは考えていなかったため、雪道のを走る時期になって恐怖感を知った。

これまで何台か車を買い替えてきたが、常に傍にアドバイザーがいて自分の浅い車に関する知識を公表する前に、買い替える車が決まっていた。

オヤジ車はムスメがNZに行っている時に買い、不評を買った。
今回は自分一人で初めて、ありったけの脳みそを使い果たして
何度も試乗して、何週間かかかって答えを出した。

車の候補は初めから2者択一だった。
H社のハイブリッド車と4WDと迷いに迷った。

ハイブリッドはエコカー、スマート、グリーン税で4WDよりずっと安くなる。

カタログを総チェックし、自分のこれまでの人生で初めてこれほど真剣に車を買うのに向き合ったことがあっただろうか。

途中でエコカーに気持ちが傾いたが、結局自分が3年しか乗っていない車を買い換える理由に戻った時、そうだ、雪道の恐怖感だとの想いにたどり着き、決心したのである。

ハイブリッドは15,000台売れたそうで、この標高1,150㍍の土地ではご縁がなかったのかもしれない。

明日一日、といっても乗車時間は1時間くらいで、愛車とはお別れだ。
車のナンバーももう一日限りのナンバーになってしまった。

さらば、友よ。
次なるご主人様には大事にしてもらって、体に気をつけて怪我のないよう願っているわ。

お別れする時は車体にシャンペンでもかけたらよいのかしら?
何をすべきか、これまでの買い替えの時はこれほど感傷的にはなっていなかったので、今回は答えが見出せない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名前から思うこと

2009年04月15日 22時36分20秒 | Weblog


昨日と1昨日の二日間で名前について時代の変化を見た。
〇〇さ~んと名前を呼ぶが、苗字と名前の組み合わせから、男性と目星をつけてはいと答えた人を見る。

〇〇清さん(きよしさん)と呼んで、当然男性が返事をすると思ったが、やって来たのは中高年女性。
あら、夫の代わりに妻が代わりに返事を?と思ったら私ですとおっしゃる。
今日は姉と一緒に来ましたと言い、姉の名前はと聞いたらあきらですと言う。
あきらさんねぇ・・・・。
瞭という字です。
3人姉妹で、長女はしげると言います。
しげるってお姉さんの名前が?

そう、吉田茂と同じしげるです。
私は困った。
きよし、あきら、しげるとはなかなか女性の名前とは思いつかない。
女子高に入学した時に、男子が来たと間違われたそうだ。

そういえば昨日も〇〇努さん、と呼んだら女性が返事をした。
この地方は女の子が生まれたら、考えた末に凝った名前をつける
親もいるのだと知った。

と、今日になったら18歳の学生のきゃぴきゃぴ集団が来た。
名前を見ると、ゆりあ、えりか、れいな、まりあが続く。
清さんたちとはこの間50年の時代の流れがある。

時代の変化は様々なものに影響を与えるものである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽に支えられて

2009年04月13日 21時40分48秒 | Weblog
昨日、畑作りで疲弊してチョットだけと自分に言い訳をして炬燵でまどろんだ。
寝ぼけた頭に響いてきた曲で眼が覚めた。
途中で終わってしまったが、暫くそのメロデイーが頭の中に残ってこだました。

歌は秋元順子の  愛のままに 。
今更遅い、と言われそうだがこの歌は昨年末の紅白で歌われ、以来評判になったそうだ。
私は年末からシカゴで過ごしカウントダウンはニューヨークの模様を見ていたので、ご縁がなかった。

半分だけ聴いたその曲に懐かしい思いと、暖かいうるうるする感情とで涙が出そうになった。

今日になって」思い出して、早速しごとの帰りにCDを買ってきて聞いてみた。
この懐かしいような感情は何だろうと思った。
丁度10年前の極寒の2月に小樽へ旅行した。吹きすさぶ風と雪の日本海を見ながら聞いた曲に魂を揺さぶられた。
サラ・ブライトマンのTIME TO SAY  GOODBYEであった。
当時の自分のなすすべもない心にその曲はするすると入り込み
長いこと支えになってくれた。
あれから10年が過ぎ、大きな変化が訪れた時にその曲を聞いても自分は悲しみを感じなくなっていた。

今、暫くぶりに新しく魂に響いた曲が、愛のままである。

ああこの世に生まれ 巡りあう軌跡 総ての偶然があなたへと続く・・・
というフレーズは若い時の心のときめいた頃につながる
気持ちを思い出させてくれる。

もう若くはなく老いへ向かってまっしぐらになった今、それでも魂を揺さぶられるということがあるのだ。

秋元順子の歌唱力か、歌詞か、メロディーか多分全部がマッチしてのものであろう。

折りしも今日のかたくりさんの日記を読んでいたところ、これはまさしく自分のことではないかと思われる文章があった。

良い人であらねばならない
誠実で信頼される人でなければならない
責任感の強い人でなければならない。
ミスをしてはいけない
人とトラぶってはいけない

1年前にリタイアーした後再就職した職場で求められるものが前述の5点。
そうでなかった人間がそのようになるように求められ、努力を続けている過程に今私はいる。
多分気が付かないうちに日々硬くなって来た心が、秋元順子の
歌に反応したのであろうと思われる。

私のお墓の前で泣かないで下さいも良いが、今は愛のままにの方が合っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノンストップザ・休日

2009年04月12日 23時17分48秒 | Weblog
あいたたた・・爪の先まで痛い。

先週に続き、今回も土曜日に東京へ出かけた。
姪夫婦の送別会で集合がかかった。

場所は青山となると、たどり着くまでが面倒、渋滞予測、で中央高速のバスに朝早く乗った。

バスは乗り付けたらとても便利で、往復睡眠を取って行ける。
今回は気温差に騙されないようにと、着ていく洋服も吟味した。

けれど既に新宿に到着して小田急に乗り換えのため歩いている時に
後悔していた。
何と都会の人間は夏の服装ではないか!

メトロの中ではベージュや白や淡い色のリネン類の夏の素材の
人々が目立つ。

思い切って伊達の薄着にしてはみたが、まだまだ追いつかない。
バスに乗るまでは、完璧!と思っていたが、甘かった。
一体何十年都会生活をしてきたのか、全く信州の高原地帯の人間に
なりきってしまった。
原村では初夏の服装など役立たず、この2年間奥深くしまったままになっている。

汗をかきつつ青山に到着する。
ここは全く別世界。
姪夫婦は南青山に住んでいるので、最寄り駅は、表参道である。
降りてから、ブランドのお店が並ぶ通りを横目で見ながら、ガラス張りのプラダを目印に、一体誰がこのお店で洋服を買うの!1着が私の1か月分のお給料に匹敵するじゃないといつも心の中で叫びながら通る。

ダンボールの積み上げられた部屋で親戚一同集まり、今後の数年間のお別れをして、今9歳の姪の娘がフランクフルトでお腹の中にいたわね~とか、当時訪ねていった時のエピソードが次々と出てきてこの10年間の月日を皆で思い出していった。

食後は近くの青山霊園の桜でも見るか~と外へ繰り出した。
この時間にはもう初夏の気温を過ぎて夏となり、ついこの前まで
雪が降っていたのに体のセンサーが調節できていない。

青山霊園は桜の名所であるがもう散ってしまい、種類の違う右近桜や白い桜や山桜が所々咲いていた。
参考にと、(何の参考かわからんが)墓地の一角を見学する。
私と姉が、一つ一つ墓碑を見たり、随分荒れ果てて無縁墓地が多いわねとかいいながら歩いていたら若い者は飽きてしまい、なんでそんなに面白いのとあきれ果てている。

お墓が何だか身近に感じるの、最近。

遠くに六本木ビルが見え、4匹も子犬を連れた男の方とすれ違った。
なななんと、犬達は全員お揃いのサングラスをかけているではないか。
おとなしく嫌がりもせず、サングラスをかけて静々と傍を通り過ぎた。
我々は全員ぽかんとして感心して見送った。

我が家の犬達であればサングラスをかけた途端、1秒と着けてはいないだろう。怒ってかじってしまうに違いない。

半裸に近い外人や眼に入るものが通常に無い物ばかりで、さすが青山とか言いながら、又新宿へ戻って来た。
お別れの時は、来年はフランクフルトで会おうねと、最後は涙目になってしまった。
帰りのバスの中は悲しさで一杯になり、寝ようとしたが寝付けずに3時間で原村に到着した。


そして一夜明けて、今日は一日庭に出て畑の野菜作りの準備に取り掛かった。
日差しが強いので完全防備、土を耕し、石灰と肥料を播き、日増しに延びる雑草を抜き、ついに腰が曲がった。
今日は犬の狂犬病の予防注射でもあり、やらねばならないことが山のようにあり、休んでいる暇はなかった。

昨日青山の町の中をすまして歩いていたはずが、すっかり原村の地元のおばちゃんの格好で土ぼこりで顔まですすけてしまい、我ながら変化の激しい2日の休日を過ごしたのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭に出ては・・・・

2009年04月08日 23時22分24秒 | Weblog
日が長くなり、朝の日の出も早くなった。
寒くて、外へ出るのを避けていたが、庭の草花は芽吹き始めた。
そうなると忙しい。
2年前に引越してきた年は朝から晩まで家の中に入る時間も作らず、土に向かって頭を下げっぱなしだ。
お陰で翌年は花園と化し、野菜も思った以上に収穫できた。

ところだどうだ。
2年目の今年は忙しいと言いながら朝の庭に出ていく時間が遅くなった。
お昼ごはんを抜いてしまうほど没頭していたのに、なんだかんだ言い訳をつくろっては家の中に入っては一休み。
休んでしまうと何をしていたかを忘れ、部屋の中で別な仕事を始めてしまう。

又庭に思い出して出たが、やることが散漫でさっぱりまとまらない。
これでは芸術的な庭は作り上げられず、うろうろするばかりだ。

新しく植える草花と、捨てて整理しても良い草花の判断も難しい。
増やすのは簡単だが、整理する作業は引き算であり、草花以外でも生活の場では引き算の場が多い。
部屋の整理、洋服の整理、食器の整理、買い求め、増やすのは簡単だが捨てるのは引き算であるし実行力に欠ける。

若さを失い、庭も家の中もすっきりきれいに、維持していくのはとても
気力がいる。

と、ここまで書いてきてはっと気が付いた。
明日の朝は、資源ごみを出す日で月に1回しかないから、山のような量を遠くの運動公園まで車で出勤前に運び込まねばならない。

資源ごみと、庭の草花の手入れと草取りは待ったなし。
言い訳なしの自分の気力をいつも試される日である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ザ、マジックアワー

2009年04月06日 22時08分58秒 | Weblog


昨日は、wowwowで三谷幸喜の映画を15時間ぶっ続けで観る予定でいた。
しかし予定は変更に至り、帰宅した時間が夜の7時半。

最終の映画のザ、マジックアワーに間に合うではないか。
留守番をさせられ、退屈しきった犬達は盛んにおもちゃを運んできては投げろ、と要求する。
交互にぬいぐるみやボールを投げながら映画を頭の半分で観ていた。
ひねりにひねったドラマの筋書き。
登場する俳優は、面白い映画を作ろうと気構えのアル、良くぞ忙しいスケジュールを縫って出演した面々だ。

懐かしい俳優が顔を見せてくれた。
柳沢慎一。
上品な老い方をして映画の中の役どころと同様の上品な老人になっていた。

そのいぶし銀の元俳優が、佐藤浩一に向かって質問をする。
太陽が落ちる寸前の最後の輝きの瞬間をザ、マジックアワーという。
その瞬間はあっという間に暗闇に変わってしまう。
それを見逃したら君はどうするかね?と老人は聞いた。
佐藤浩一は答えが出ない・・・。
老人は微笑みながら、翌日のマジックアワーを待てば良いんだよ。
今日が駄目なら明日がある。と言った。
三谷幸喜のひねった筋書きの中から、伝えたかったのはその言葉に尽きるのだった。

やはり彼の作品は凄いし観る者の心をマジックで変えてしまうのが魅力なのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

眼の検査とお花見

2009年04月05日 22時42分34秒 | Weblog
先週は、てれびの見放題をする日と決めていたが、本日朝早く中央道を吹っ飛ばして、元住まいの中央林間の眼科へ受診した。

テレビとどちらにするか勿論天秤にかけたが、体が大事と当たり前の結論を出して片道1,000円の高速料金にさらに追い立てられ霧の原村を出発した。

気温は寒い・・・・5度しかない。
途中で山梨県に入ったあたりから点々と桜の花が咲いているのが見えてきた。

今回の遠出の理由は、最近の眼の変化、愛車の買い替えが迫ったこと(明日はETCの機械の取り外し)で最後の遠出のドライブ、桜の花が都内で咲き出したことなどからこれらを一気に済ませたいと、自分なりの結論。

上り車線は空いており、おおー甲府付近は桃の花で桃源郷になっており、ピンクの春霞に包まれて、それから先はずっと桜の花が満開になっているのを眺めながら約3時間で中央林間に到着した。

かかりつけの眼科はサラリーマンのために休日も診察をしていて大助かりで、瞳孔を開いて網膜を点検してもらった。
結果、左目の網膜の鼻寄りが一部薄くなっているから3ヵ月後に
もう一度見ましょうといわれた。

やはり予感は当った。
夜更かし、眼の酷使、長時間のパソコン作業、いずれも反省して
元の住まい付近の桜の散歩道を桜見物して帰ってきた。




散瞳しているので光がまぶしく、夕方になり帰宅する時間になるが
車の運転は流石にサングラスをかけねばならなかった。

信州へ引越したが、2年前までの都会での生活に感覚はあっという間に戻り、散歩をしているうちに細々とした思い出に浸った。
日中は自分の服装が何となく垢抜けしないもっさりおばさんだと思い
気温が18度もあり汗ばんでしまった。

たそがれ始めた中央道を戻ってくるが、どんどん外気温は下がり、
17度あった八王子あたりから、原村に到着した時は7度に下がっていた。
あののどかな桜の花が咲いている景色は別世界でした。
これでは桜の開花は相当先になりますね~と自分に言い聞かせて我が家に到着した。

皆様、眼は年に一度は検査をして大事にいたわって上げましょう。
症状がなくても眼底の変化は検査せねば気が付かない事が多いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何か落ち着かないこの頃

2009年04月04日 22時46分10秒 | Weblog



4月に入った。
3月の旧年度にお別れをして、自分なりに新年度に対し敬意を払い、新たな抱負を
考え、歳をとっても一応儀式として済ませた。
ところが、まさかのエプリルフール・・・・朝起きたら真っ白の雪景色。
やっと春はそこまで近づいてきたと、心のそこで嬉しさを噛み締めていたら
雪景色ではそれも吹っ飛んでしまった。

大急ぎで車の雪を払い、エンジンを掛けて凍ったガラスの氷を溶かし、出掛けた。
その日に限って仕事場には早く着かねばならない用事が待っている。

車には雪が乗っかったまま、どんどん標高を下げて降りて行く。
すれ違う車はどこにも雪は付いておらず、???と思いながら諏訪湖畔に到着した。
空は青く晴れ渡り、風は冷たいがどこまでも明るく、雪を積んだ車は私しかいなかった。
えらい山奥から出て来たようで、すばやく車を降りて急いで駐車場を通り過ぎた。

エプリルフールは自分だけ該当したようであった。

先週から新しいサイトでの趣味倶楽部の入会をし、記事を書いたり写真を載せたり
し始めた。
これは同じ年齢の層のかたまりであるので、結構反応やコメントなどがすばやく、
しかもハイレベルの趣味や特技を持っている人々が多い。
何といっても自分たちが旅行をした写真がフオトアルバムに何100枚も掲載されているが、プロ級のカメラ技術とカメラで撮っているものと思われ、写真を見ながら唸った。
日記やコメント、伝言板、ミニレターと360度の角度から飛んでくるのでそれはそれは返事書きに楽しいながらも大忙しだ。

かくして今日は新年度の目玉、野菜作りの熟達を望んだが、雨が降ってきて、畑を耕す作業は変更し、パソコンに向かった。
しかしパソコンばかりでは字が下手になるので、手作りはがきも行い、手紙やはがきを7通も書きかなり満足をした。
しかし座りっぱなしの私の下半身は今日一日でかなり退化したはずだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加