1・2のさんこうどう!

創業明治18年。藤沢市にある印刷会社「さんこうどう」です。スタッフからのメッセージを中心にお届けします。

『謎の円盤 U・F・O』

2010-07-24 12:40:54 | Weblog
ハイテク戦車シャドーモービル
ストレイカー司令官専用車



ご存じの方もいらっしゃると思いますが、1970年に日本で放送されていたイギリス制作のSF特撮ドラマです。
40年前です。はまりました。サンダーバードやキャプテン・スカーレットを制作していた会社が人間を使った実写テレビドラマです。



正直子どもには判らない部分も多く、しかもストーリー展開が暗かったり、救われない結末だったりしたもんでかなりマニアックだったのですが、とにかく「カッコイイ」が前面にでていて夢中になって見たものです。しかもメカニックデザインが秀逸。インターセプター、スカイダイバー、ムーントランスポーター…etc



手に入れた二種以外にも欲しいものはいっぱいあったのですが…手に入れられず。つい先頃には復刻というわけでもないでしょうが、食玩で売られていたようですが、アンテナを張っていなかったのでこれも手に入れられませんでした。(残念)

…そういえば「エヴァンゲリオン」にも随分と影響をあたえたらしく

黒ベースに白く大きく抜かれたロゴデザインのオープニング。

活動内容を機密事項としている地球防衛秘密組織SHADO(シャドー)の組織のあり方やロゴデザインのかっこよさ。

しかも場所はロンドン郊外にある映画会社の「地下」に本部を置くところ。

プラグスーツを思わせるシルバーのキャットスーツに紫色のショートボブのヒロインのエリス中尉。

息子を亡くしてまで任務遂行を優先するストレイカー最高司令官(しかもユニフォームは詰め襟)番組の冒頭では沈着冷静と紹介されていました。

いつも補佐役としてとなりにいる年輩のフリーマン大佐。

直接緑色の液体を肺に入れる特殊な宇宙服(これは侵略者側ですが…)。

はっきりと明らかにされない侵略者の目的

防衛圏に近づく侵略者を最初に報告するのが無人格のコンピュータ偵察衛星SID(シド)

マニアの思い入れも強いから、下手なリメイクをするとここ最近のリメイクの傾向とおなじくコケると思うのでそれよりちゃんとした再放送やって欲しいです。
もちろん広川太一郎さん小林昭二さんの吹き替えバージョンで。
http://www.youtube.com/watch?v=9_7aXx3JVPE

そういやリメイクのニュースが
http://www.ufo-themovie.com/shado/

オープニングナレーションの矢島正明さん(ナポレオン・ソロで有名)もかっこよかった。

そういや、タイトルの『謎の円盤 U・F・O』はなんだか言っていることがだぶっているようですが、当時はまだ『UFO』の名称として認識があまりなかった?(と聞いたことがありますが)でわざわざその前に『謎の円盤』とつけたらしいです…

あ~、なつかしさに浸ったところで、そういえば写真のおもちゃを購入したのは今駅前にあるビックカメラの建物にさいか屋さんがあったころ最上階?レストラン前?にあったおもちゃ売り場だったような?ちがったかな?

ということで、次回はさいか屋さんネタか…

制作・K
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 地元もいいもんだ | トップ | グラデーション »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事