ブログ仙岩

各紙のコラムや報道番組、読書の感想、カメラ自然探索など。

いか人参

2017-02-22 10:14:51 | エッセイ
いか人参は江戸時代から福島に伝わる郷土料理。県北地方を中心に各家庭の故郷の味として愛されている。Timeより。

細く切ったニンジンとスルメイカを醤油ペースの秘伝のタレで漬けこんだもの。酒のつまみとしても人気がある。

ふぐすまさすんだら、やっぱしこの季節はこれだべ!いかにんじんはうめいよなー!

これは、方言のポップである。スーパー等に買いものに行くと、商品の近くに「今売れています」とか、「店長おすすめ商品」などと、客の関心を引くために、手書きのカードが取り付けられている。これをポップ広告という。

POP(Point of Purchase)の略で、客が何かを買おうとしている時点の意味、客は思わず手を伸ばすであろう商法である。

正月料理に、いわきには松前漬けがある。これもニンジン・いかと昆布を細く切り醤油・酒につけてころあいで頂く。我が家でも、この正月作り、粘りがあって大変美味しく頂いた。

『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラタモリ神戸を探る | トップ | 間違い探しに挑戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事