徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと JAL723便クアラルンプル行き搭乗記(平成30年2月5日、月曜日、晴れ)その2

2018年02月06日 | 搭乗記・乗船記
       ラウンジを出て、搭乗ゲート付近を徘徊する。
        
       81番ゲートの反対側にはエアインディアのデリー行き飛行機が搭乗待機中だ。
       あまりきれいな機体ではないな~~~~~。
       搭乗口のベンチに固まって日本人ジジイ・ババアの一団がいる。
       インド旅行なのだな~~~~~。
       元気なジジイ・ババアだな~~~~~。
       もっともジジイが少ない。(笑)
    81番ゲートの隣からはスリランカ航空(エア・ランカ)だ。
       
       ジャケットのそで口に4本線の金のラインの入った女性がいた。
       副操縦士だろうか?

    ワタシの方は
         
         マレーシア航空MH9117便(operated by JL723)だ。
    10時45分に搭乗が始まった。
         
         機材はB787-9Bドリームライナーという
         
         座席配置は1-2-1で、中央列からは窓の外の景色が見えない。
         ワタシの座席はビジネスクラスの一番後ろの13Gという
         中央列の右側。
         
         シートベルトは肩と腰を3点方式
         
         アメニティー袋が置いてあり歯ブラシ、ウエットタオル、アイマスク
         耳栓が入っていた。
         もしろん、スリッパ、毛布も供えてある。
     搭乗ゲートは出発時間の定刻11時5分に離れたが、出発便の離陸の混雑のため
     45分ほど待たされた。
     この間、「混雑のため待機中」という機長のアナウンスのみだ。
     あの「無駄に礼儀正しく親切な」JALはとこに行った!
     第一、ウエルカムドリンクが配られない!
     JALの経営破たんする前のビジネスクラスではチープ・パーサーが
     一人ひとりの客の座席の前にきて
     「なになに様、わたくし、本日のチーフ・パーサーを務める
      なんの誰それでございます。
      本日のご登場、まことにありとうございました」と言って歩いたものだ。
     それを期待していたのだが、なに?このそっけない雰囲気。
   飛行機は11時50分に飛び立った。
   水平飛行に移っても「お飲み物」をお伺いに来ない。
   これって最低じゃない?!
             
        メニュー表が配られ
   1時間後、ランチのリクエストと飲みもののリクエストを訊きにきたので
    「最初にシャンパン、食事と一緒に日本酒のダッサイ」と注文をした。
              
             やっとシャンパンにありついた。
     モニター画面でプロレスを観ていたらCAがやって来て
    「O様、大変申し訳ありませんが、本日、和食のリクエストが多くて
     ご希望に添えないのですが洋食に代えていだくことができませんでしょうか?」

     なぬ~~~~~~っ!!!!

    こんなときだけバカ丁寧な言葉を使いやがってと切れやすい老人は怒るところだが、
    ぐグッと我慢して
    「ワタシ、歯が悪いので牛肉は食べられないんですよ」と言ってやった。
    CAは諦めて他の優しそうな乗客のところに言って交渉していたようだ。

    シャンパンを飲みほしても、もう一杯いかがですか?もない。
    ワタシの列の担当CAはマレーシア人だからなのか?

    そして、今度はこのマレーシア人CAが「本日、ダッサイは搭載していません」と
    断って来た。
    もっとも、メニュー表の日本酒のところに米印でダッサイを搭載しいる場合もあると
    あったので、まあ、すんなり理解を示して、
    それじゃ「福寿」をと所望した。なんでもノーベル賞の授賞式の晩さん会に
    日本酒として提供されたことがあるという兵庫の酒だそうだ。

   日本時間午後1時半ころに食事は始まった。
        
        
         箸置きは陶器のツル。こんなところが細かいんだろうね。(笑)
        
         日本酒
        
        東京芝大門の「くろぎ」の黒木シェフ監修の「冬凪」だそうデス。
        酒のつまみにぴったりです。
        ゆで卵はメニューの説明に「温度卵」と書いてあったので温泉卵と読んでしまい
        温泉卵じゃないよな~~~と再び読みなおすと「温度卵」でしたが
        なに?
        日本酒をもう一本。
        
        次にでてきたのが、鰻のかば焼きに和風牛のシチュー。
        鰻となればうな丼でしょう!
        
        ついでにシチューも乗っけてみました。
        これ、なかなかイケます。(笑)
        
         デザートにカステラみたいのが出て来て、これで日本酒ごグイッ。
         日本酒は3本飲みました~~~~~。
        
        お茶を飲んで、トイレに行って歯を磨き

        座席をフルフラットにして午後の爆睡。

   到着1時間半前頃に「到着前の軽いお食事」ということで
        
        記念に「そばですかい」を食べてみた。
        これってたった内容量25グラムしかはいっていないんだね~~~~。
        
        現地時間午後6時15分にマレーシア国際空港に到着した。
        この時の機長のアナウンスには驚いたね~~~~。
        到着時刻は6時10分なのだが、スケジュールからたった5分遅れたのに
        「本日、到着時間が遅れたことをお詫びいたします」だって!
        こんなの遅れたうちには入らないのにな~~~~。
        こんなところに外国人は驚くんだろうね~~~~。
        もっとも、最近の航空便到着時刻の正確さのレポ―トでは
        ANAとJALが1位2位を占めているからな~~~。
        
        これまで100回以上飛行機に乗っているがJALは5回しかない。
        「無駄に礼儀正しく親切な」JALを体験したくて乗ってみたが
        大量輸送時代でジビネスクラスの座席も増えて、悠長に頭を下げている
        時代ではなくなったのだな~~~~~~。
        JALさんは今回で終わりにしよう。

     空港の入国検査を通り、KLエキスプレスでセントラルまで出て
     本日の宿に到着。
     1年来ないうちにまた町は様変わりしていた。
         
         中国料理店でハイネンケンビールと
         
         海鮮焼きそばを食べて寝た。
   
         
         
                  
       
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 徘徊老人のひとりごと JA... | トップ | 徘徊老人のひとりごと クア... »
最近の画像もっと見る

搭乗記・乗船記」カテゴリの最新記事